天と地をつなぐ《仲》の役目ーお正月には人の行いが記録された「帳簿」を天界の神々のもとに届ける

沖縄に多い《仲》のつく苗字。

 

沖縄池間島で天と地のなかを取りもつことは「仲」と呼ばれる。

 

ナカドウラ神は、天と地の間を行き来し、言葉をもって祈りを天上神に伝える。

 

すべての神々が天界に集まる正月には、年間の人の行いが記録された「帳簿」を天界の神々のもとに届ける役割をもつ。

 

天界での集いが終わり、天界で決められた事柄を地上に持ち帰って伝える。

 

仲裁の《仲》、メッセンジャー、天と地をつなぐこと

 

今年も楽しんで精進して参ります。

 

関連記事➡️

人生凹んだ時も順風満帆のときも沖縄の離島のおばあに学ぼうー92歳ではじめてパスポートを取ったおばあ達が海外公演をするようになったお話

 

kbg84 徹子

 

(写真)KBG84 天国に一番近いアイドル小浜島ばあちゃん合唱団

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中