前に進みたいと思っているのに悩んで決められない時は、 「不安」を一つ一つ分解する

前に進みたいと思っているのに悩んでしまう時、動けないとき、決められない時がありますか?

深い部分では、たいていの場合、なんらかの不安がその人を止めています。

 

ばく然と嫌な感じやモヤモヤするという体験はあっても、いったい何が自分を止めているのか、本人が気づいていないことも珍しくありません。

 

スポーツ界では、選手の体力や技術の差はもはやごくわずかで、日常的に差をつけるのはメンタル面であると言われています。

 

毎日練習を積み、一流の技術を持つ選手でさえ、いくら練習を積んでも不安がまったくなくなることはありません。

 

若い選手、すでに実績を残している選手、それぞれの悩みや不安があるのだと思います。

そうした時、スポーツ心理コーチは、「不安」の根源を突き止めることをします。

 

なぜ、自分は不安を感じているのか?何が起きることが怖いのか?という不安の「原因」を探るのです。

 

2015年、ラグビーワールドカップで日本チームが強豪南アフリカに勝利したことが話題になりました。

本番が近づく中、チームでは不安も緊張も高まっていたそうです。

 

同時に、ラグビー日本代表チームには、心理面における選手へのサポートもあり、スポーツ心理学者の荒木香織さんなどがチームの不安への対処に取り組んだと語っています。

不安の原因を一つ一つ分解していくのです。

 

これは、私たちの日常生活にもそのまま当てはまります。

 

最悪の場合、何が起きることを一番おそれているのか?

自分にとって一番怖いことは何か?

 

人間根源的な欲求は、大きくいって5つに分けられると言われています。

 

(1)制御欲求(コントロールしたいという欲求)

(2)承認欲求(認められたい、愛されたいという欲求)

(3)安全欲求(生存、安心したいという欲求)

(4)一体の欲求(所属感、つながり)

(5)存在の欲求(尊厳、意味、貢献)

 

これを逆にすると、これが満たされないことを人はおそれるということになります。

 

「それで食べられなくなること」がこわい、というよく言われることがあります。

確かにそういう不安や恐れがあるのも事実でしょう。

 

でも、それをさらに掘り下げていくと、

 

おそらく、

生存や安全のおそれよりも、

 

拒絶されるおそれ

認められないおそれ

存在価値が否定されるおそれ、

 

といったものの「おそれ」の方が、現代人にとっては強いのではないかと思います。

 

不安のほんとうの原因がわかれば、問題の一番難しい部分が解決されたのも同じです。

 

そして、次のステップは、その不安の原因を減らすためには、どんなことができるのか?という対処法を考えていくことができます。

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中