何かを伝えるのが難しいと感じるとき、職場で契約や働き方について言わなければいけないことがあるとき

何かを伝えるのが難しいと感じるとき、私たちの中には言いたくても言葉にできない部分が詰まっています。

 

こんなこと言ってはいけないんじゃないか?何かを言っても受止めてもらえなかった体験、否定されたと感じた体験、飲み込んでしまった悔しさがあったりすると、自分が感じていることをそのまま表現することがすごく難しくなります。

 

そのカタマリはお腹や身体のどこかにあって、一つ一つのカタマリに一緒につながって言葉を与えてあげると自然と溶けていきます。そして、表現するのが楽になっていると感じるでしょう。

 

最近のセッションでは、一つ一つのカタマリに言葉を与えていくことをして、最後はギフトを受け取りました。情熱的なギフトでした。

 

私もスピーチが苦手でしたが、自己表現が苦手だと思っている人ほど、ある通過点を超えるとすごい自己表現力が開花することは珍しくありません。

 

日常的なコミュニケーションから、自己表現、執筆、プレゼンなど表現活動はもちろん、職場で契約や働き方についてアサーティブに伝えることを求められている方など

 

一つ一つのかたまりに繋がって言葉を与えて、自由に感じたまま話していいんだよ、と伝えてあげてください。

広告

20年たっても機械化されないトップ47職種は何か?を検証することで見えてくる「人」と「AI」を差別化するもの

2013年にオックスフォード大学のオズボーン準教授が、『雇用の未来—コンピューター化によってどれだけ仕事が影響されるのか?』という論文を発表し、702の職業のうち47%が、10〜20年後には機械化される確率が非常に高い、と発表して衝撃を与えました。

 

この研究では、米国労働省が定めた702の職業をクリエイティビティ、社会性、知覚、細かい動きといった項目ごとに分析し、機械化の確率を検証しました。

 

結果、特に金融、会計、法律実務の多くが自動化されるだろうと指摘され、実際、昨年秋には日本でも大手銀行による人員削減の発表がありました。

 

このオズボーン準教授による論文は「仕事がなくなる」といったタイトルで紹介され、センセーショナルにとりあげられた面がありますが、

 

一度少し落ち着いて

 

原文をナナメ読みしながら、逆に、どういう仕事のどういう面が人間にしかできない、と判断されたのか、ということに改めて注目してみたいと思います。

 

The Future of Employment Oxford.jpg

THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?

オックスフォード大学マーティンカレッジマイケルオズボーン准教授、カールフライ研究員著

 

ではまず先に、機械化される確率が1%未満のものを見てみたいと思います。

 

Oxford 将来の仕事①.jpg

THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?p.57より

 

上から機械される可能性が低いものが全49職種が挙げられています。

 

この研究によると、「リクリエーショナルセラピスト」が機械化される確率が最も低い職種に挙げられて、「機械化予測確率」は0.0028%とされています。

 

他に挙げられている職種は、

 

セラピスト、ソーシャルワーカー、コーチ、カウンセラー、キャリア(人生)教育、宇宙工学エンジニア、歯科医、アパレルデザイナー、セールスパーソン、看護師、リハビリ療法士、アスレティックトレーナー、ジャーナリスト、先生、特別支援学校の先生、分子生物学者、緊急事態指揮官、キュレーター(学芸員)、人類学者などです。

 

アメリカの職種のカテゴリーなので、日本の文脈では直接的には当てはまらない部分もありますが、人との高度なコミュニケーション能力と協調が求められる点、創造性や創造的な思考による問題解決が求められるという共通点は読み取れると思います。

 

面白いところでは、セールスパーソンが14番に位置付けられています。

 

今の時代にものを売るということは、単に製品や機能がよければいいという訳ではなく、相手のニーズを細かく理解していったり、共感や感動を「売る」という面が大きいからなのでしょう。

 

表の一番に「リクリエーショナルセラピスト」が挙げられるように、全体的にはソーシャルワーカーやカウンセラー、コーチなどが続き、対人援助職が目立ちます。

 

「これらの職種は、人間の倫理観に由来する価値判断や感覚、感情、美意識、芸術性を活かした職種で、まだまだコンピューターを寄せ付けない能力、高い価値観を人間が生み出し続けることでしょう」と「人工知能が変える仕事の未来」の著書 野村直之氏は言います。

 

人を全人格的にとらえ、人の本音を引き出したり、相手の願望や不安、モーチベーションを理解、洞察(共感)し、高度なコミュニケーション能力をもって、問題解決や人のサポートにあたるコーチ・カウンセラーの仕事や、

 

時に心理的な駆け引きを行って、わずかな手がかりから背景を推理し、想像して大胆な仮説をたてるジャーナリストの仕事は、

 

現時点でのAIの「プロファイリング」や「パターン認識」では当面無理とされています。

 

では、人をAIと差別化する手がかりは何でしょうか?

 

先述の野村直之氏は、「なぜ?」と問うこと、だと言います。

 

なぜなら、目に見える出来事、自然現象、社会の変化であっても、その原因が最初から見えていることは稀だからです。

 

そして、二つ以上の結びつきがわかること、または「一見まったく違う二つ以上のものを組み合わせることができること」だと思います。

 

「クリエーティブなもの」や何かを「つくる」とか「生み出す」というと、人はまったく新しい発想でゼロからつくると考えますが、そのクリエーティブなものは大抵すでに存在するものの「組み合わせ」です。

 

でも同じ本を読んでも人が感じる点がそれぞれ違うように、

その人独自の視点、感じ方、悩みや経験があるからこそ見えるもの、その人しか思いつかないユニークな「組み合わせ」があります。

 

そして、その「組み合わせ」こそがその人しか持てない「独自性」となり、その人の表現方法と合わさって「創造性」になるのです。

 

AIを知ることは創造性を知ること

AIを知ることは「人間であること」を知ること

 

新しく見えてきたことがあります。

面白いです。(*^-^)ニコ

 

自分に与えられた経験も含めギフトの意味を改めて思い、すべての人に与えられたギフトの「多様性」と「偉大さ」を改めて想います。

 

「人工知能が変える仕事の未来」いい本です。

 

変に不安をあおるわけでもなく、現時点でのAIの進歩や社会へのインパクトを分かりやすく伝えてくれています。

 

大仲千華

============================

新しい時代をほんとうの自分で生きるガイドブック「EMPATHY IMPACT」運営中。

https://www.facebook.com/empathyimpact/

============================

 

運営者プロフィール

 

国連ニューヨーク本部、東ティモール、南スーダン等で現地国政府の人材育成や元兵士の社会復帰支援に約10年従事に従事。国連の平和支援の最前線である南スーダンで80人強の多国籍チームのリーダーを務める。リーダーシップや仲裁について研鑽を積む。

 

米海軍大学院付けの専門家として、世界的な研修プログラムにおいて唯一の日本人女性として講師を務める。

 

燃え尽き症候群と二次受傷(PTSD)になり、心理学やカウンセリングを学び始め、回復・再統合する過程で直観能力とヒーリング能力が飛躍的に開花。

 

自由に活き活きと生きる人を増やしたい、応援したい、世界の課題にチャレンジする人たちをサポートしたいと思い、コーチングとカウンセリングを始める。

 

英国オックスフォード大学New Century Scholar (全額奨学金授与され修士課程を修了)。

 

人生で尊敬する人は、沖縄小浜島のおばあたち。(*^-^)ニコ

 

https://www.facebook.com/empathyimpact/

 

人工知能

 

 

【時代の変化①「変える」から「つくる」へ】

今時代はどう変わりつつあるのでしょうか?

 

一つは「変える」から「つくる」への変化です

 

「変える」は、

変える対象と対峙する、

対決する、否定する、

というニュアンスを伴います。

 

誰かを変えようとすると

相手が反発するのと同じで

変えようとすればする程

「反対勢力」を生み出します。

 

また、

大きいものや

組織化されたものであるほど

一度できたものを

「変える」のは難しいと

「働き方改革」一つとっても

実感される方も多いでしょう。

 

「変える」と一見似ていながら

根本的に異なるのが

「創る「create」

(クリエート・生み出す)です。

 

 

何か新しいもの創る、

生み出すときには、

つくりたいもの、

体験したいものの

イメージを先に持ちます。

 

 

イメージや色、情感、音など

自分の中の

ありとあらゆる

感覚を駆使して

そのイメージを広げるのです。

 

 

これは創造性の特徴の一つで

芸術家や音楽家といった人たちが

いろんな言葉で伝えてくれています。

 

そして、

そのイメージに日々

自らのエネルギーを

吹き込んでいって、

 

その人

それぞれの方法で

具現化していくのです。

 

自分を「変えよう」として

思うようにいかずに

がっかりするよりも

 

自分に改めて問いかけましょう。

自分との対話を持ちましょう。

 

今までと同じでは上手くいかない

時代の変化が起きているのを感じる

変化のスピードが早い

 

もしそう感じているとしたら

それはおそらく

気のせいではありません。

 

 

そもそも自分は

どういうライフスタイルや

働き方を望んでいるのか?

 

どういう人生を望んでいるのか?

どういう社会を望んでいるのか?

どういう世界を望んでいるのか?

どういう地球を望んでいるのか?

 

そのイメージを大切に

自分の中のクリエーションの芽に

毎日エネルギーを吹き込んで(水をあげて)

大切に育てていきましょう。

 

creation 6

 

この天候が教えてくれること

さて、寒波が続き東京で氷点下の日が6日連続で続くなど、記録的な寒波が続いています。
この寒さの意味を考えるとき、「愛の鞭」のように感じます。
これまでなんとなく「違和感」と感じていたこと、自分の本音じゃないけどやってきたこと、などなどなんとなくできたことも、この寒さ(エネルギーの激しさ)の中ではもう無理と思い、身体が動かなくなったり、いろいろなことが「はっきり」されてきます。
もう「なんとなく」「ぬるま湯」に浸かっていられないよ、という「愛の鞭」のようなメッセージにように感じるのです。
でも、これは自分のことを大切にすることであったり、
もう自分にとって上手くいかないことを見直す機会でもあるのです。
実際、そういう時代の流れが強まっています。
でも、この気候がもたらす意味をきちんと受け止め、自分にとって大切な価値や人生の優先順位をはっきりさせることができれば、そして寒さにもめげずにたんたんと必要なことをやっていけば、
土深くに根をはり、根をしっかりと伸ばし、春には大きな芽を出し、強い茎となり空に高く伸びて、夏には大輪のお花を咲かせてくれるでしょう。
この冬を越えた後の夏が楽しみです。

ワクワクしてます2/4(日)「SHAPEの法則であなたの人生にココロオドル資源(ギフト)を発見する」に向けて

セッションと講座の両方のよいところを提供する方法がわかってきました。

 

「ハートメタ」をつかったセッションでは、ココロが動きハラでわかり深い効果をもたらします。

 

講座でも、言葉・頭だけでなく自然と「エネルギー」が伝わり、参加される人はそうしたエネルギーを受け取りますが、

 

ああこの人セッション受けたらシフトするのに!と思うことがしばしばでした。

 

今回の講座ではその両方ができる構成にしました。

 

もちろん一対一のセッションでの方がお一人一人と丁寧に向き合えますが、いわゆる頭で受ける講座やセミナーとはまったく違う体験になると思います。

 

この方法とバランスが見えてきたのでワクワクしています。

 

2018年2/4(日)開催❗️ LIFEシフト講座① SHAPEの法則であなたの人生にココロオドル「資源」を発見する

 

どうぞお楽しみに!

 

https://chikaonaka.com/2018/01/28/2018年2-4日開催-lifeシフト講座①shapeの法則であなたの経験/

ストーリーと共感で新しい時代をつくる EMPATHY IMPACTを始めました❗️ー会社だけが人生じゃない!軽やかに輝く人たちを紹介します

この度、船井幸雄氏の元で経営コンサルタントを務めた鹿毛俊孝さん、ブランディングデザイナーSUMICO ABEさんと

 

「新しい時代をつくるストーリーと共感を紡ぐ」EMPATHY IMPACTを始めました。

 

https://www.facebook.com/empathyimpact/

 

変わりゆく時代を生きるためのヒントや元気になる話題をお伝えしていきます。

 

ブログとはちょっと違った投稿、一言メッセージなどありますので、覗いてみてください。

 

その中の新企画として、

 

「新しい時代をつくるストーリーと共感を紡ぐ」をコンセプトに新しい時代の価値やサービスを体現する輝く個を紹介するシリーズをはじめます。

 

「会社だけが人生じゃない!」自由で多様な「生き方」や「働き方」をしている輝く人を紹介します。

 

今は就職か起業かという時代ではなく、自分が大切にしていることを表現し、軽やかに自分のやりたいことを形にしていっている人たちが沢山います。

 

始めたばかりの人、ベテランの人いろいろですが、その人たちはどんなきっかけでそれを始めたのか、「始めの一歩」やそれぞれの方の体験やストーリーに触れることで、「自分の道を生きる」ことがもっと簡単にもっと身近に感じられると思います。

 

それぞれの方のストーリーから、自分もできそう・これやってみようと思う実践的なヒントやインスピレーションを受け取ると思います。

 

第一回目:キャベツ専業農家が新宿伊勢丹で連日完売のおしゃれ発信地になるまで 大吉農園 大吉七菜海さん

 

第二回目:沖縄小浜島のおばあが92歳で海外公演に呼ばれるようになったわけ

天国に一番近いアイドル KBG84 小浜島ばあちゃん合唱団

 

KBG84チラシ.jpg

 

第三回、第四回、第五回。。。

 

続きは

 

ストーリーと共感で新しい時代をつくる

EMPATHY IMPACTにて!

 

お楽しみに!

「いいね」お願いします。(*^-^)ニコ

https://www.facebook.com/empathyimpact/

2018年2/4(日)開催❗️ LIFEシフト講座① SHAPEの法則であなたの人生にココロオドル「資源」を発見する

自分の人生の方向性や目的・ミッションを教えてくれるのに「SHAPEの法則」と呼ばれるものがあります。

 

S (spiritual gift=ギフト)

H (heart=情熱、感情、興味)

A (abilities=能力)

P (personality=個性)

E (experience=経験)です。

 

この講座では、自分のこれまでの経験にフォーカスして、自分の中のまだ発見されていない「強み」や「能力」、「無形資産」を発掘していきます。

 

私自身この「無形資産」をとくに意識することになったのは、クーリエジャポン(講談社)で連載を始めてからでした。

 

連載を始めてから、お陰さまで1年8ヶ月になりますが、ウィーンフィルの取材記事がサントリーグループ全社員に送付されたり、記事を読んでコーチングを申し込みされる方もいらっしゃいます。

 

この過程で学んだことは文章力や表現力というよりは、自分の経験が「資源」になるということでした。

 

「資源になる経験」は、順風満帆の時の話しというよりは、自分が苦労したこと、悩んだこと、それをどう乗り越えてそこから何を学んだのか、という体験、自分の中で生まれた疑問をきっかけに調べたことなどでした。

 

この1年8ヶ月の間に養われたものは、常にネタを探す「作家脳」、「ない」の中から「ある」をみつけ、自分の中で「当たり前」だと思っていたことを資源にする「資源発掘脳」でした。

 

昨年から話題の「LIFEシフト100年時代を生きる人生戦略」も、自分の「無形資産」を整理して再認識することが大切だと言っています。

 

才能や能力を活かすというと、学校教育の影響を受けたわたしたちの中に大きな「誤解」があり、私たちは学校教育や試験というたった一つの狭い指標で自分の能力を判断しがちです。

 

ただ、人の強み、人生の方向性、独自性、ミッションといったものを考えるとき、それはより総合的なもので、まさに資源となり大きな鍵になるものは「経験」です。

 

その中でも、痛みの経験や一見できればあまり人に言いたくないマイナスの経験です。

 

日本には「一陽来復」という言葉があります。欧米ではこの数年「レジリエンス」という概念が注目されてきました。これらが示唆するように、自分の強みや能力、人生の導きの中には、自分の悩みや痛みの経験の中からこそ発見され、開花するものがあります。

 

Facebookの最高執行責任者のサンドバーグさんは、前作「LEAN IN」を書いた後、
突然の事故で最愛の夫を失い、いかに逆境に向き合いそれを乗り越えるかという
「レジリエンス」について学んだと語っています。

 

私自身、国連勤務を経て、燃え尽き症候群や二次受傷(PTSD)から回復する過程で直観力や洞察力が開花するということを体験しています。

 

人に伝わることは、理論や知識でもなく、一人の人間として経験し感じたこと、そこから学んだことであるとも体験しています。

 

いろいろな経験や能力があわさって、その人にしかない強力な「強み」、「独自性・差異性」となり、その人しか持っていない要素の「組み合わせ」によって生みだされる「価値」があり、その経験があるからこそ生まれた「伝えたいこと」(ライフメッセージ)があります。

 

shape

 

この講座では、自分の人生の方向性や目的・ミッションを教えてくれる「SHAPEの法則」を使って、「経験」を中心に、あなたの人生の方向性や強み、オリジナリティーを探っていきます。

 

仕事や人間関係、あなたをやる気にさせるもの、やる気にさせないもの、上手くいったことや逆境や予期しなかった出来事など人生の「経験」をさまざまな角度から振り返っていきます。

 

自分で「当たり前」だと思っているものの「価値」を再発見するでしょう。

 

自身の経験やレジリエンスなどの理論などを踏まえて、誰にでも分かるようにお伝えします。

 

 

この講座の大きなメリットの一つは、自分の人生や経験の価値を、頭ではなく、ココロとハラでわかることです。

 

瞑想などをしながら、これまで自分では気づいてこなかったより深い部分に光をあてていきます。

 

「ハートメタ」という自分の内なる声とつながることをサポートするメソッドを取り入れるので、腑に落ちるようになります。

 

知識や理論は役に立ちますが、知識は人を動かしません。

ココロが動くとき、身体も動きます。

ハラに落ちたとき、ほんとうにわかります。

 

ほんとうにわかると次の一歩が自然と見えてきます。

 

 

頭で考えているだけでは分からないことは沢山あります。

 

あなたの経験を「資源」にしましょう❗️

 

安心でリラックスできる空間であなたをお待ちしています。

 

《この講座をお勧めする人》

⭕️コーチやカウンセラーや教える人などで自分の体験を踏まえ、自分が伝えたいことをより広げていきたい方

⭕️ コーチやカウンセラー、講師、教える人で自分の提供する内容に深みをもたせたい方

⭕️コーチやカウンセラーで自分の経験の価値を見直し、自信や自己価値をあげたい方

⭕️自分自身のビジョンと繋がり、自信を持って前に進みたい方

⭕️これまでの体験を整理し、未来に向けた方向性を明確にしたい方

⭕️人生の優先順位や自分の価値観を整理したい方

⭕️ 忙しい毎日の中で、もう一度自分自身の人生の目的や仕事について見直したい方

⭕️今の仕事とやりたい方向性にギャップを感じている方

⭕️やりたいことはあるけれど、自信が持てずに前に進めなくなってしまう方

⭕️自分が何をやりたいのか、落ち着いて考える時間を持ちたい方

 

 

《講師 大仲千華 プロフィール》

 

国連ニューヨーク本部、東ティモール、南スーダン等で現地国政府の人材育成や元兵士の社会復帰支援に約10年従事に従事。国連の平和支援の最前線である南スーダンでは80人強の多国籍チームのリーダーを務める。リーダーシップや仲裁について研鑽を積む。

 

米軍の専門家として、世界的な研修プログラムにおいて唯一の日本人女性として講師を務める。PTSDと燃え尽き症候群になり、心理学やカウンセリングを学び始める。自分を再統合する過程で直観能力とヒーリング能力が飛躍的に開花。

 

自由に活き活きと生きる人を増やしたい、応援したい、世界の課題にチャレンジする人たちをサポートしたいと思い、コーチングとカウンセリングを始める。

 

人生で尊敬する人は、沖縄小浜島のおばあたち。(*^-^)ニコ

 

《日時》

2018年2月4日(日)9:20-12:00

 

《場所》

スクエア荏原第5会議室

アクセス➡️ goo.gl/OR2KdR

 

《参加費》

7,500円(税込み)

 

⭐️お申込み⭐️

【満員御礼】となりました。ありがとうございました!

 

Peace Blossomが開催する講座についてご連絡を受け取りたい方はこちらよりご登録ください。➡️ 大仲千華のメールマガジンご登録はこちら

 

「内なる声に従っている人が一人いる方が、そうでない人を何百万人も集めたよりも大きな力になる」

 

この講座は、Peace Blossomが開催する新しい時代をつくるリーダー育成事業の一環です。

ありがとうございます。