自分が身をおく環境が大事なわけー「10秒の壁」を一人が超えると次々と周りも越えていく同期現象

なぜ何十年も破られなかった「10秒の壁」を一人の陸上選手が超えると次々と記録が更新されていくのでしょうか?

 

1983年に陸上のカールルイス選手が100メートル走で「10秒の壁」を破った時に、彼は超人と言われました。ただ、何十年も人類が超えられなかった「10秒の壁」を一人が超えると、人間の身体能力自体はそれほど変わっていないはずなのに、その数年内で9秒台で走る人が続出しました。

 

「できる」ことが当たり前になってくるからです。

 

この10秒越え現象は、このような現象とも原理を同じくしています。

 

ー何万もの蛍が一斉に発光を始める。

ー一緒にいる女性の生理の周期が似通ってくる。

ー象の群れは歩くリズムが同じである。

 

 

一つの鍵は同期現象(synchronization)と呼ばれるものです。

 

同期現象とは、「一つ一つはバラバラに動いているのに、全体がなぜか揃ってしまう」現象のことです。

 

その科学的な詳細についてはハーバード大学のサイト(https://sciencedemonstrations.fas.harvard.edu/presentations/synchronization-metronomes)に譲りたいと思いますが、論より証拠。

 

最初はバラバラだった32個のメトロームが合っていくこちらの動画を見てみましょう。2分~3分まではぜひ見ていただきたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=5v5eBf2KwF8

 

最初はバラバラだった32個のメトロームが一斉に揃っていきます。

この一糸乱れぬリズムすごいですよね!

 

さて、このメトロームの実験は私たちの日常にどう関係するでしょうか?

 

まず、自分が身を置く環境はとても大事だということです。

 

そして、自分の針がどのような方向に向きを向けている方向に気づいていることがとても大事だということです。

 

例えば、なんとなくネットサーフィンを続けていると、針が暗いニュースに「同期」されがちです。なぜなら、ネガティブやセンセーショナルなニュースの方が売れるからです。ネット系のニュースはさらにその傾向が強いです。その理由でネット情報やテレビは最低限という人もいます。

 

とくに、「日本人」は、一斉に針に合わせて突進する性質が強いと言えるので、自分の針の向きを知っていること、整えることが大切です。

 

こちらの音楽とてもお勧めです。向きが整えられていくのを感じます。

 

心を震わす演奏に拍手がおき、刑務所なのに人が踊りだす映像は必見です。

 

 

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中