前提を変えるだけでもいつでも幸せになれる

私たちはいつも「でも」「でも」「でも」と付け加えることで警戒しているようです。

例えば、こんなやり取りです。

 

「この新緑の季節って眩くっていいよね。」

「でも、すぐに梅雨になるよ。」

 

 

「あれ上手くいってよかったね。」

「でも次はわからないよ。」

 

 

まるで、「いいことはずっとは続かない」とばかりに、でも、でもが続きます。

 

まるで、「でも」と加えることで、傷つくことを先回りして回避できると思っているようです。

 

確かに、人生は上手くいくときもあるし、上手くいかない時もあれば、自分にとっていいことばかりでもないしょう。

 

でも、だからとってせっかくいいことが起きているときにわざわざ水を差すことは役に立ってるでしょうか?

 

ただ単純にもっとその瞬間をただ味ってもいいと思うのです。

 

しかも、「でも」と言うことで本当に傷つくことを避けられるのでしょうか?

 

そもそも前提がおかしいんじゃないか、と考えてみるとどうでしょうか?

 

例えば、

 

上手くいかないことは「悪いことだ」という前提。

自分の思うようにならないことは「悪い状態」という前提。

いつも上手くいくべきだ、という前提。

常に自分は完璧であるべきだ、という前提、です。

 

 

人生には波があります。

波のてっぺんにいる時を人は成功と呼びます。

波の下がっている時にいる時のことを、人は挫折と呼びます。

 

でも、波は常に動いていて次の波が来ます。

 

下がったと思っても、方向が上向いていればいいのです。

次の波がまた先に連れていってくれるからです。

 

私はメンターの先生にこう言われたことがあります。

 

「波のてっぺんにいる時も波の底にいる時も違いはないのよ。

ただ、目の前に学ぶことがあるだけ」、と。

 

多くの人は(私も含めて)波の底にいる時にこそ謙虚に学ぼうとします。

 

なぜなら、なんでも物事が上手くいっている時に人は他の人に耳を傾けないからです。

 

自分の思ったようにならないからこそ、自分の望むようにするにはどうしたらいいか?と考えるようになるからです。

 

 

まずは、「でも」をやめることから始めたいと思います。

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中