ずっと成長し続けられるかどうかは、プロだった自分がまた初心者から始められるかどうか

ああ、この感覚を体験するのが嫌で私たちは全力で何かに取り組んだり、自分がやりたいことを隠してしまうんだ。

 

最近、新しい分野で新しいレベルであるチャレンジをし始めてから腑に落ちたことがあります。

 

ある分野でいったん「プロ」と認めれるレベルになったら、正直その分野で勝負を続ける方が楽です。

 

新しいチャレンジや成長による充足感を感じるかどうかは別として、私が米軍の専門家として講師を務めていた分野だったら、それほど準備もなくまた仕事はできるでしょう。

 

ただ、私の場合は、この数年神さまから新しい分野であなたのこれまでの経験を統合しなさい、と促されているのを感じるので、きっと、私の国連や紛争地での体験が別の形で活かされていくのだと思います。

 

正直、新しい分野で自分が初心者というポジションになるのは「心地わるい」です。

 

その分野で先を走っている人たちとの実力の差があまりに大きくて、自分の力のなさを感じます。その差をまざまざと見せつけられます。思ったよりも出来ない自分を発見します。

 

ああ、この感覚を体験するのが嫌で私たちは全力で何かに取り組むことを避けてしまうんだ ー そう思いました。

 

そもそもその土俵に乗っていなかったら、単なる傍観者でいるならば、こんな「言い訳」もとっておけるでしょう。

 

「どうせ私参加してないし。。。」

 

「まだ本気じゃないし。。」

 

 

でもやらないままで後悔するのも嫌だ。

 

やっぱりやりたい。

 

 

私はそう思ったのでしょう。

 

この分野で先に成功している人たちを本気で研究し始めました。

 

何かに本気に取り組みたいならば、Biginner’s Mindや謙虚であること、素直さが大切だ、と言われます。

 

「わたしなんて。。。」「そんな力ありません。」という人がいます。

 

一見もっともで謙虚に聞こえるものの、その根底にあるのはプライドや守りの姿勢であって、その本質は傲慢さです。

 

 

その反対の成長する姿勢とは、今わたしがこの状況で学ぶことは何だろう?と考える姿勢です。

 

 

一ミリでもいいから前に進みたい。

 

 

ああ、思い出した!

 

 

本気になるのはやっぱり楽しい。

 

arrogance-is-not-confidence-4-728

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中