どうしたら「できる自分」になるんだろう?」と思ったらー毎日確実に自信をあげるノート術①

最近、執筆プロセスを有意義にしたいと思って、ある「ノート」をつけ始めることにしました。

 

「書く」ことは好きですが、先月ある執筆の〆切りが迫ってくるのがわかりながら、まったく書けなくなってしまったからです。

 

そんな日は、一文字も書けず、ああ今日は何をしたんだろう?と凹みます。

 

一日ならまだしも、数日、それ以上も、締め切りが迫ってくるのを知っていながら書けないというか、モーチベンションが上がらない、というか、ちょっと「トンネルにはまってしまったような感じ」が続くと、さすがに落ち込みます。

 

だから、自分で自分を励ますというか、モーチベーションを保つ方法が必要だなと思ったのです。

 

現代人がかかわる仕事は、「成果」がすぐに見えるものばかりではありませんよね。

 

 

そこで、いわゆるノート術や知的生産術の本をいくつか読み、簡単な方法から始めることにしました。

 

 

ちなみに、ノートをつける効果としてこんなことが挙げられています。

 

(1)頭の中を「整理」でき、ストレスが軽減する

(2)日常生活で成果が上がる

(3)目標が定まり、夢が叶う(引き寄せの法則)

(4)気づきが生まれ、自分のことを知り(自己認識力があがり)自分の強みがわかる

(5)発想力や創造性、直感力があがり、自信がつく

 

 

いい事もたくさんありそうですが、やることはとてもシンプルです。

 

まず「ひたすら行動記録をとる」、という方法。

 

ゆるく、ともかくその日の行動をひたすら書きとめるだけです。

 

朝コーヒーを淹れた。

エチオピア産の新しい「アンドロイド」という新しいブランド。

米粉マフィンを食べた。

 

 

類似本・参考本として「〜」の本を読んだ。

などなど。

 

 

本当にただの記録なのですが、これは、「ダイエット」で効果的だった方法だったそうです。

 

ただ書くだけなのですが、まず、それだけで、自分の行動が「意識化」されます。

 

私もしばらく続けてみて、気づいたことがありました。

 

自分が「心地いいと思うこと」、「もっとこうしたい」ということを書きたいと思ってくることです。

 

同じように、これは辞めたいな(あるサイトの記事を読み始めたら気づいたら3時間も経ってたなど)、ということは書きたくないなとも感じます。

 

いいこと書きたいと思うと、「きれいなもの」を探し始めます。

 

すると、自然に「自分が心地よい」ことやこれまで気づかなかった日常の生活にある「きれいなもの」に目が向いてきます。

 

すると、「思っている以上にいいことがすでに周りにあるかも」と感じられるようになったり、意識も行動も自分が「心地よいこと」に向いてくる、のです。

 

 

 

そして、一時間〜に時間単位くらいでこまめに行動記録をとるので、その作業の「意図」や「アプトプット」もより意識するようになってきます。

 

なので、なんとなくダラダラと作業を続けることが減って、集中力が高まったように感じます。

 

あれ?なんかあっという間にもうこんな時間だけど、この時間って何してたんだっけ?という時間が少なくなります。

 

これだけでも、とても大きな成果だと思います。

 

そして、私が思うこの方法のいい点は、

 

いつまでたっても終わらない「TO DO LIST」の「出来なかったこと」ではなく、「出来たこと」に目が向くようになることです。

 

「TO DO LIST」はいつまでたっても終わらないし、出来なかったことを上げるのはいくらでも簡単です。

 

でも、今日は自分の思うように出来なかったと思う日でも何かしらやったことはありますよね。

 

 

 

実は、自分が自分に対して一番厳しいものなんです。

 

だからこそ、自分が自分を認めるって大事ですよね。

 

今日は洗濯物を干したな、とか⤴️

部屋のランプを取り替えた💡とか。

 

 

 

 

えっ?そんなことでもいいの、と思われるかも知れませんが、

実際に、それだけでウツが軽くなった、という報告も実際にあります。

 

 

私の例では、文字にならなかった部分での、作業や思考プロセスを書きとめることにより意識的になりました。

 

ある程度の量を書くためには、類似本も読むし、下調べもする。

執筆が進む日もあれば進まない日もある。

 

今日は一文字も文字にならなかったとしても、

なぜ類似本に興味をもったのか、

それを読んで自分はどう感じたのか、

関連で思い浮かんだことは何か?

などなど、です。

 

変化の激しい時代を生きる私たち。

目に見えやすい成果もあれば、すぐに「成果」がでない場合もあります。

 

 

今日の自分は昨日の自分よりも一ミリでも前に進んだ、と思えればいいのです。

 

 

行動記録をつけるの次のステップとしては、このようなことが挙げられています。

 

①一冊それ専用のノートを用意する。(自分があがりそうなお気に入りのノートをみつけてください)

②行動記録をつける。

③ その時に感じたこと、気づいたことなど付け足す。

④テーマ(問い)を決める

cf. もっと自由な時間を作るにはどうしたらいいか?もっと文章を読んでもらうにはどうしたらいいか?〜さんと仲良くするにはどうしたらいいか?

⑤自分で質問に答える

自分が感じたこと、それがどう役立つかに関係なくしばらく手を動かし続ける、です。

 

 

とてもシンプルに聞こえますが、こうしたステップで、発想力や直観力、創造性、自分オリジナルの意見を生み出す力を身につけるということにも大きな効果があると感じています。

 

その方法は…(次回に続く)

 

ちなみに、今回参考させてもらったのはこちらです。

 

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ

 

あなたを天才にするスマートノート

 

ゼロ秒思考-頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

 

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中