オリンピックでメダルをとる人は何か特別な才能を持っているわけじゃない。◯◯を持っている人がメダルをとる。

メダルをとれる選手は足が長い選手、音感がいい選手、技術の高い選手?

 

「そういうのはなくても大きな問題とは言えないものばかりです。でも、◯◯がなかったら選手は絶対に上手くなりません。」

 

そう言うのは、8回のオリンピックでメダルをもたらしている奇跡の人、井村雅代シンクロナイズドスイミング女子監督。

 

リオマーメイドジャパン

 

井村雅代監督が彼女が選手との向き合い方などを書いた「教える力」という本があります。

 

選手の育成やコミュニケーションはもちろん、そんな彼女の「リアル体験」と「本物感」が詰まった面白い本ですが、

 

総監督としてのチャレンジの一つとしてあげられているのがどの選手を最終的に選ぶか、という判断です。

 

足が長い選手、音感がいい選手、技術の高い選手ーさて誰を選んだらいいのか?

 

時には、メディアに取り上げられている選手や、地元の応援を受けている選手、長年目をかけてきた選手、もいる。

 

でも、それでメダルがとれるのか?

スポーツは結果がわかりやすくでます。メダルと4位の差はとても大きい、と言います。

 

 

その決断と結果をぜんぶそんな重大な決断の最高責任者は彼女。

 

でもリオも含めて8回もオリンピックでメダルに日本を導いてきた彼女が基準にしていることとは何か?

 

シンクロ①

 

彼女いわく「心の才能」。

 

「足が長い選手、柔軟性が高い選手、魚のように水と一体感をもてる選手、音感がいい選手、、、そういうのは持っているにこしたことはないですが、なくても大きな問題とは言えないものばかりです。

でも、『心の才能』がなかったら選手は絶対に上手くなりません。」

 

自分ができない時に「私は才能がない」とか、「私は向いていない」とかそんなことは言わないで、「できないのは自分の努力が足りないからだ」と、「だから、もっと努力をしよう」と思えることーこれが、心の才能です。

 

「私はまだこれができないから、できるまでやろう。」という心の才能があったら、何でもできるようになるんです。」

 

「みんな、オリンピックでメダルをとる人だったら、何か特別な才能を持っている人たちだろう、と思うかと思いますが、そうではありません。なにがなんでもオリンピックの舞台で最高のパフォーマンスをしてメダルをとりたいーその想いが強い人がオリンピックでメダルをとるのです。」

 

井村雅代「教える力」より

 

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中