💛ギフテッドのママ💛を紹介しています

ギフテッドというキーワードでの検索が最近急激に増えています。

 

中学生からもご相談が来ること、自分の子はとても賢いのに、とっぴな質問をするばかりに発達障害や低知能だと判定されたけど納得いかないというケース、などなど、

 

自分はギフテッドじゃないか?

 

自分の子はギフテッドじゃないか?

 

と思われている方はけっこう多いようです。

 

IQとか英才教育に得に興味がある訳ではないけれども、子どもが生き生きとしている姿を見たい、その才能をありのままにただ伸ばしてあげたい。ただあまりにも現在の学校制度との「ギャップ」があり過ぎて、どうしたらいいのか分からないと模索されている方も多いようです。

 

 

 

また、ママのお悩みはママに聞いて欲しいという方もいらっしゃると思います。ママ同士で解消されるママのお悩みもたくさんあると思います。
そんな声にお応えして、ご本人もギフテッドで、ギフテッドのママでもあってセラピストでもある安心で強力な「助っ人」にご参加いただくことになりました。

 

 

宇井のどかさんです。私とのどかさんは同じ先生の元でカウンセリングやセラピストのトレーニングを積んだ仲間です。わたしはのどかさんを知り合ってまだ一年半ほどですが、お会いになる方はすぐに分かると思いますが、なんというか、大人の中にピュアなティーンエイジャーのような部分を持っているかと思いきや、本当に大切なことを大切にする芯の強さを持っている方です。

 

のどかさんは、日常の中の喜びを発見するのがとても上手なので、ブログに綴られた「優しい世界」を読むだけで私の心も「ほっと」します。

 

ご自身が不登校を体験されたこともあって、子どもたちへの視線や接し方がとても優しいです。のどかさんと一緒いいるとわたしの「内なるティーンエイジャー」も癒されます。(^^)ニコ

 

そして、私たちの先生の認定基準はとても厳しいことを私は知っているので安心してご紹介できます。

 

どうぞお気軽にご連絡ください。(連絡先はページ下にあります。)

 

rainbow-children5

 

宇井のどか

 

1974年生まれ、慶応大学大学院卒、葉山在住2児の母。

 

自ら小学校時代に不登校を経験。現在8歳になる娘も小学校1年より学校教育に寄らない学びの道を選ぶ。 川崎市こども夢パーク内にあるフリースペースに通いながら、子どもの特性に合わせて、シュタイナー教育や自然育児、脳科学学習、創造美育、ホームスクーリング等さまざまに取り入れながら、カスタムメイドの共育に取り組んでいる。

 

一人ひとりが生きている歓びとともに、人々がその人らしく輝き、巡るいのちの輪の中で共生し響き合う世界をめざして、執筆活動や勉強会、コーチング・セラピーを行っている。安心安全を観じられる空間の中で、心と魂に寄り添いながら、クライアント自身が自らを癒し、内なる答えを見つけていくセッションには定評がある。また、不登校のお子さんを持つ親御さんや、学校に違和感を観じている親御さんからの相談も受けている。

 

小学校時代に学校教育になじめず、いじめを機に不登校とひきこもりを経験。親の意向でほぼ毎日、個人指導塾や家庭教師の指導を受けるも学業ふるわず成績はほぼ最下位。中学3年の時に恩師との出会いにより、自分にあった学び方と学ぶ楽しさに目覚め、自分の特性に合わせた学習スタイルを身につける。高校時代は、大好きな分野に専念できる様、各科目の教師と交渉。指導要綱を越え、自分のスタイルで学べる環境を作る。大学~大学院でも、複数分野に渡る教授の指導を受けながら独自のスタイルで研究活動を行い、学部長賞等を受賞。

 

自らの不登校引きこもりの体験から、心や精神の癒しと健康、宇宙の法則について興味を持ち、30代よりトランスパーソナル心理学、ハコミセラピー、ライフコーチング、エネルギー心理学、ホリスティックワーク等を学び、コーチングや直感リーディング、ヒーリング等の個人セッションをはじめる。

 

サンドラスイートマン氏認定ハートメタプラクティショナー・アランコーエン氏認定ライフコーチ

 

ブログ’gift of wonder’⇨ http://giftofwonder.jugem.jp/?pid=1

 

連絡先:musubiuta◯gmail.com  (◯を@にかえてください)

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

%s と連携中