伝える人必見!世界一流の指揮者から学ぶ「ひらめき」を与える方法

先週は、世界最高峰のオーケストラと言われるウィーンフィルの演奏と世界的指揮者として知られるズービンメーター氏の指揮に触れる機会がありました。

 

ちなみに、これは、アークヒルズ音楽ウィーク・サントリーホール30周年記念の一環で、ライブビューイングとして無料で公開されました。3部のみでしたが、十分に聞き応えがありました。素晴らしい企画をしてくださった森ビル・サントリーホール事業部の方に感謝です。

http://liverary.tokyo/entry/detail.php?id=12034

 

あまりに楽しみで、前日からワクワクして、6時間も前からサントリーホール前をうろうろしてたと言ったら後でジョインした友人たちに笑われました(笑)

 

ズービンメーター氏(ウィーンフィルのニューイヤーコンサート過去最多指揮の一人)の指揮は本当に素晴らしく、彼の演奏に触れた後はしばらく文字通り「恍惚状態」でいました。

 

metha2

 

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab30%e5%91%a8%e5%b9%b4%e2%91%a0

 

「😲『巨匠』ってこういう人のことを言うんだ💡💡💡」

 

私の中でひらめきのライトが点灯して、そして、どうしても知りたくなった。

 

彼はどうやってあの領域に至ることができたのか???

 

 

という訳で、彼が登場するインタビュー動画をこの一週間で聞きまくり、観まくりました。

 

そして、この週末は、ジョナサンノット指揮のブラームス一番(東京交響楽団)を聴きに行きました。

 

これからヨーローパ演奏ツアーに出かけるという彼。

ブラームス一番はとても好きなので、チケットは数ヶ月前から予約していたし、演奏は十分に楽しませてもらいました。

 

ですが。。。

 

なんと言うか、指揮に力が入っていた。

 

先週のマエストロの指揮は、完全に自分という「器」を通じて音楽を奏でていらしゃったので、まったくそんな力を感じるどころか、すごくリラックスした気持ちになりました。

 

かえって先週の巨匠の演奏がいかに「格別」だったかがより一層浮き彫りになって、なんだかやけに「納得」して帰路につきました。

 

巨匠ズービンメーターがどうやってあの領域に至ることができたのかは、まだわかりません。

 

ただ、彼がインタビューで言ってたことで印象に残ったこと。

 

「指揮者の仕事とは、偉大な作曲家が残してくれた偉大な音楽をその意図通りに最後の一ミリまで再現することです。そこに『私』が入り込む余地はまったくありません。

 

その偉大な音楽を少しでも再現できた感じる時、とても謙虚な気持ちになります」と。

 

フランス人の指揮者シャルル・ミュンシュは、リーダーシップに関する本質を書いた本としても知られる著書「指揮者という仕事」の中で、指揮者の仕事についてこう言っています。

 

「壇上に立ち、第一拍を振り始める瞬間、あなたには無数のまなざしが向けられ、観客はそれぞれが自分の光と熱をそこから汲み取ろうとする。」

 

 

「指揮者(conductor)という言葉自体には統率するという意味も含まれていますが、大事なのは、命令を与えるというよりも、自分自身がそれを身振り、態度、そして抗じ難い放射によって、表すことです。

 

…(中略)…

 

この瞬間には、音楽の知識はほとんど役に立たない。指揮者に求められるのは、ただ生きること、ハートを脈打たせ、魂をふるわせ、あなたの感情を歌わせることだ。」

 

確かに、そういう音楽はハートに響きますよね。

 

そんな音楽に触れると、思考はいつの間にかどこかに行ってしまい、

 

直感がおりてきたり

何かが腑に落ちたり

何かが突然分かったり

洞察やインスピレーションを受け取る

 

ことはよくあります。

 

音楽を通じて表現されるハーモニー(調和)のエネルギーが、人間のもともとの調和の状態を思い出させてくれ、源とつながりやすくなるのでしょう。

 

 

ミュンシュはさらに言います。

 

「指揮者が楽曲を忠実に再現することによって、聴いている人の思考や感情が指揮者の思考や感情と同時に再創造される。」

 

まったく個人的な感覚ですが、ズービンメーター指揮から醸し出される音色からは「人類への祝福」すら感じました。

 

しかも、荘厳なだけでなく、繊細で柔らかくて甘い音色。。。

 

マエストロの意識の状態を借りて、より高い、より広い意識の世界・景色を垣間見せてもらったのかも知れません。

 

世界一の記録を打ち立てた深海ダイバー、ジャック・マイヨールの映画を見る人は、マイヨールが潜る時の「変性意識」の状態につながり、映画館を出る時には恍惚状態で出てくると言いますが、きっとそれと同じ原理なのでしょう。

 

ただ大事なのは、その調和の状態もインスピレーションも「ゾーン」の状態も、音楽など外からもたらされるものではなくて、元々いつでも自分の中にあるということ。

 

しかも、常に調和した状態で「ゾーン」にいられることも可能らしい。

 

そう、世界的なカウンセラーである私の先生が言ってた。

「『オン』も『オフ』もないのよ。」

 

音楽を奏でる人は音楽を通じてひらめきを与える。

 

講師・カウンセラー・コーチは言葉も話すけど、言葉を超えた部分でひらめきを与える。

 

目指せ~(*^-^)ニコ 巨匠の世界。

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中