なぜ世界の動きが激しいのか?ー古い体制が嫌なのだとしたら替わりにどんな新しい価値や社会を望むのか?

世界情勢が激しいですね。

 

何かが変わっていくときには、いろいろなことが表面に浮上される必要があるようです。

 

あるレベルにおいては、古い体制 (例えば、軍需ビジネスや政治と企業の癒着体質など)の矛盾がより表面化しているとも言えます。

 

もしそれが嫌なのだとしたら、替わりにどんな新しいものが欲しいのか?

それをこれから明確にしていくこともより大切になりそうです。

 

その為には自分自身の心が穏やかで平和であることが大切ですね。

 

私たちはどんな社会を望んでいるのでしょうか?

 

今日紹介するのは、今注目のマレーシアの歌姫が歌う慈悲の音色(chant of metta)です。

 

Metta(メッタ)とは古代パーリ語で「慈悲」の意味。これを歌うアーティストは、マレーシアの歌姫、世界を股にかけて活躍するイミーのことイミーウーイ(Imee Ooi)。

 

聞くだけで心がホッとするチューンです。

 

「あらゆる存在が幸福で、平和で、喜びに満ちていますように。」

 

May I be happy. May I be well. May I be free from suffering.

May you be happy. May you be well. May you be free from suffering.

May all be happy. May all be well. May all be free from suffering.

 

 

 

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中