職場での人間関係: 上司や同僚との関係どうしたらよくなる?

このスマホ時代に私たちが日々接する情報量は10年前の400倍だそうです。

あまりに多くの情報にどっぷり浸かっているために、身動きができなくなり、人はかえって無力感を感じているんじゃないか?

 

最近、鬱の診断が増えている要因はこれと関係がある、と指摘する人もいます。

 

だとしたら、この情報の溢れる時代に、人々が渇望していることとは何なのでしょう?

 

一つは、「自分という存在を認められること」だそうです。

 

私自身、南スーダンといった緊張度の高い紛争地で働く内にこのことを実感したものです。争いのある場所だからこそ、人は自分という存在を認められ、理解されることを切実に求めている、と。

 

私は、たいてい「聞き役」に周ることが多いのですが、こちらが話す・話さないに関わらず、そんな中で相手と接する際に役に立った心構えがありました。

 

「私はあなたという存在を尊重しています。 」

「私はあなたという存在に関心があります。」

「私はあなたのことを理解したいです。」

 

これは相手が上司でも同僚でも同じことですよね。

 

どうしたらこういう気持ちが相手に伝わるでしょうか?

 

自分が「尊重された」時の体験を思い出してみると、ヒントが見つかも知れませんね。

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中