国連で働きたいって言ったら叱られた時

モーチベーションを持てない。どうしたらいいか分からない。「自分なんか」と思ってしまう。。。

実はわたしも一緒だった。

私自身、なんのために?が分からなくなると途端に落ち込むタイプだったから、中学校2年生の時には、なんの為に勉強をしたらいいのか分からなくなって苦しかった。

自分の繊細な気持ちをどう表現したらいいのか分からなかった。

自分の悩みについて、親にも先生にも言えなかったことも苦しかった。

スピーチが苦手で、大学のスピーチの授業の日には咳が止まらなくなった。

人の役に立ちたい気持ちはいつもあったけれども、それをどう仕事にしたらいいのか分からなくて、就職試験や面接に落ちた時には、自分がとても不器用に思えてすっごく凹んだ。

しまいには、情報も限られていた時代「国連で働きたい」って言ったら「そんなバカなこと言わないの」って叱られた。

光のみえないトンネルの中にいたような気分だったけど、それから就職活動をやめて自分が心地よいと感じることだけをするようにした。

そうしたら、先生や周りが助けてくれて、海外インターンが決まって、奨学金をもらえることになって、国連で働くことになった。。。

大丈夫、自分がやりたいことを信じて。

一歩一歩進んでいけば必ず光が見えるから。

大丈夫!あなたを応援してるから。

http://www.sbrain.co.jp/theme/T-62931.htm

 

DSC05322

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中