そんなことを聞いたらバカだと思われるんじゃないか?

そんなことを聞いたらバカだと思われるんじゃないか?そう思って言うことをためらってしまうことってありますよね。でもそういう時こそが重要なことが含まれていたりします。

特に女性の強みとして、本当に重要なことは何かを直感的に感じ取れる能力というのがあると思います。

沈没した豪華客船として知られるタイタニック号の悲劇の一つは、2000人収容の客船でありながら、200人分の救命設備しか用意されていなかったことだといいます。当時、タイタニック号は誰もが乗りたがる世界中の憧れでした。「この船が沈む訳はない」と言われていたそうです。

2000人収容の客船なのに、200人分の救命設備しか用意されていない事実を多くの人が知りながら、それについて聞くことが許されない雰囲気があったのでしょうか、誰一人として、もし万が一事故が起きたら場合の救命設備はどうなっているのですか?」と聞くことができなかった。。。

 

「そんなことを聞いたらバカだと思われるんじゃないか?」と思ったのかも知れません。。。

 

実はこういうシチュエーションはよくありますね。特に優秀な人が集まる組織や優秀だと思われているチームでは特にです。

なぜなら、こんな簡単なこと言ったらバカだと思われるんじゃないか、もっと優秀そうなこと?鋭いことを言わないといけないんじゃないかというプレッシャーが自動的に働くからです。

 

冷戦終結後の激動の時代に国連難民高等弁務官を務めた緒方貞子さんの功績の一つに、難民という法的カテゴリーに当てはまらない人達の対する保護への道を拓いたというものがあります。

難民と呼ばれる人は、国境を越えて逃げた人です。

別の言い方をすると国境を越えた人たちに対して支援はできるのですが、当時トルコ側が国境を封鎖し、イラクから戦火を逃げていた人が国境を越えられず国境近くで避難生活を送る、という状況がありました。

実質的には「難民」なのですが、法的には「難民」の定義に当てはまらないから私たちは支援はできません、とスタッフに言われたそうです。

それに対して緒方さんの指示はとてもシンプルでした。

「私の基準は明確です。一番重要なことは人間を人間として扱うこと。だとしたらやるべきことは明快です。戦火から逃げ、水と食料をシェルターを必要としてる人に必要な支援を今すぐに届けること。机上の線を越えた越えないは関係ありません。」

この「当たり前」のことを当時は誰も言えなかった。始めて言えたのは緒方さんだったのです。

だから、女性は安心してどんどん思ったことを言いえばいい!!!いまこそ、そういう感覚が必要とされているからー

親や身近な人に反対されたらラッキー!

留学したい、海外で働きたい、でも親に反対されているというあなたへ。

おめでとうございます!!!

Congratulations to you!!!

 

はっ?!

(そんな声が聞こえてきそうです)

 

なぜなら、それは、あなたは順調に次のステップに向かって進んでいますよ、というサインだと思うからです。

さて、どういう意味でしょうか?

今のあなたがやりたいことを親に反対されているーそれは3つのいずれかの意味があると捉えることができます。

1、あなたがあなたの望むことを表現する・伝える機会

結局のところ、当たり前ながら、あなたの人生はあなたの人生です。親の人生ではありません。あなたが死ぬ時に親はもうすでにいません。あなたが何をしたいのか、何に興味があってどんな時に幸せを感じるのか、これは自分で探していくしかありません。その過程には親とは意見が合わないことも当然ながらあるでしょう。もし、あなたにやりたいことがあれば、たとえ親に反対されたとしても、相手がそれに賛成しようがしまいが、あなたがあなたの望むことを表現する、伝える機会です。「なんで分かってくれないんだ」とフラストレーションを感じたり、分かってもらえないと悲しくなることもあるかも知れません。それも含めて、自分の思っていること考えていることを伝え、それに対する相手の反応や意見をまず理解するということです。

2、相手は反対することであなたの本気度を試している

相手は反対することであなたの本気度を試している、という側面です。親は反対をすることで「あなたはいったい本気なの?」と問いかけているのかも知れません。これが劇の中のシーンならば、親は「悪役」です。頑固な親、わからんちんな親、「そんなの無理だ」と一方的に言ってくる親。。。あなたの親はどのタイプでしょうか。時には、行動ありきで、こちらからどんどん小さな結果を作っていくことが効果的かもしれません。

3、全員に好かれる必要なないことを体験する。

自分が新しいことに挑戦する時には本人も不安でいっぱいです。身近な人や親には応援してもらいたいというのが本音ですよね。でも、あなたの考えや行動を理解してくれる人もいれば、別にそうでもない人もいるものです。応援してくれる人もいればそうでもない人もいる。ただそれだけです。そういうものだと体験できれば、どんなことでも新しいことに挑戦しようと思った時もとても楽に始めることができるでしょう。

 

ゆっくりでもいい。きっと、あなたの努力が実を結ぶ時がありますよ!

やると決めればスキルは後から身についてくる!

国際的な仕事がしたい、ソーシャルな仕事をしたい、国際機関で働きたい、と言った相談を受けることがあります。

そのためには、まず経験を積んでから挑戦するとみなさんおっしゃいます。ではどんな経験を積みどんなスキルを身につけるとそれに挑戦できるのでしょうか?

語学力、調整能力、分析力、交渉力、リーダーシップ etc.。。。

どの段階になったら十分だと言えるのでしょう?

例えば、私が紛争が終わったばかりの南スーダンで、元兵士の社会復帰のプロジェクトの最前線で働いていた時、私たちは日々新しい課題に直面していました。今まで経験したことのない事が次々に起こるのです。頭も身体もフル回転です。

では、そこで働く人達は十分なスキルを身につけていたのでしょうか?

答えはノーです。実際のところ、私も含め心の内を覗けば、自信がなかったり、不安を感じる事は沢山ありました。

きっと現場にいる国連事務総長代表や大使といった人達でさえ同じだと思います。

なぜなら、「課題」というものはいつでも格段に大きく見えるからです。

でも気がついたら一歩一歩課題を超えていた。

ある意味、そんな状況だからこそ(火事場の馬鹿力的に)自分の力を引き出してもらったという面もあるかも知れません。

 

だから、これを読んでる方に伝えたいことー

 

十分だからやるわけじゃない。

やりたいからやる。やると決めればスキルは後から身についていく!

 

自分の目で見て感じてきて欲しい!

自分にこれからどんなスキルが必要か?現場にいって考えればいい。

ここで考えているよりも体験する方が何十倍もの深みと飛躍をもたらしてくれるから。

ビジネスとソーシャルの境界が曖昧になっている中、どんな分野に進む人にも関係していることだと感じます。

 

ぜひこの時代の機会を楽しんでください!

Good Luck!!!

https://www.facebook.com/pages/Japan-Womens-Initiatives-Global-Leaders-Project-/115640775188834?fref=ts