世界を変えるヒント!ー共感マップをネパールで使ったら

前回、共感マップ(Empathy Mapy)というツールを紹介しました。共感マップとは、スタンフォード大学のデザインスクールやMBAなどでも取り入れられいるツールで、その人たちが本当に求めているものは何かというインサイト(洞察)を探るのに使われます。

ビジネスにおける商品開発はもちろん、途上国における本当の課題は何なのか?その課題に対してビジネスはどうアプローチできるのか、に使われます。途上国向けのデザインは、design for extreme affordabilityとして知られています。

私の国連時代の上司も米国務省と国連でのマネージメント職を経て、ミッドキャリアでスタンフォードのこのコースで学んだこともあって、彼女からもいろいろな事例を聞いたものでした。

その中でも、ネパールの未熟児のための着ぐるみの例がよく知られています。

ネパールでの問題の一つとして、乳児死亡率の高さがありました。そこで、スタンフォードのチームがネパールで共感マップを元に聞きとり調査をしました。

それで分かったのは、まず病院までの距離が遠いこと。未熟児で生まれた子供のほとんどが病院に着くまでに亡くなっていたのです。保育器がある病院は数件あったものの、一台200万円もする保育器が故障した時に直せる人もメインテナンスする人もいなかった。

そこで、彼らが考えたのが、ホッカイロのような保温機能をつけた着ぐるみでした。25ドルで販売するまでにこぎつけました。

 

 

 

 

 

cropped-embrace_2-copy

embrace1

Nurse_01_MUL_13_09

http://extreme.stanford.edu/projects/embrace

保育器ではなくてシンプルな着ぐるみがあるだけでいいー共感マップを使う一つの利点は、一見複雑な事象を日常的な相手(利用者、カスタマー)の視点でシンプルにすることでしょうか。

ソーシャルとビジネスの融合の例の一つです。

プレゼンの8割は準備で決まる!①(相手が求めているものを知る)

面接やプレゼンや初めての人との面談にしろ、相手の立場にたち、相手が求めていることにいかに応えるかが大きな鍵だということが見えてきました。緊張する時には特にそうです。

これが本当に腑に落ちると、セールストークだろうが、ビジネスコンテストだろうが、プレゼンだろうが、いろいろな場面に応用することができます。

とは言え、その最中にいると頭の中でぐるぐると同じことしか考えられなくなってしまう、という(’視野が狭くなる’)状態に陥ってしまうことがあります。

えっ?!相手が求めれていること?それってナニ???!!!という感じでしょうか。

そんな時には共感マップを使ってみましょう。共感マップ(Empathy Mapy)とは、スタンフォード大学のデザインスクールやMBAなどでも取り入れられいるツールで、その人たちが本当に求めているもの(ニーズ)を探ったり、商品開発を考える際に使われています。

ビジネス界でも最近はロジック一辺倒ではなく、右脳的なアプローチがどんどん増えていますが、スポーツ科学では、例えばマラソンの高橋直子選手が金メダルをとった時に自分が一番でゴールしているイメージを何度も反復したと言われているように、ゴールの状態をありありを思い描くトレーニングの効果はよく知られているところです。

では、少しゲーム風に、この面接・プレゼンが成功した時に相手(面接官)は何と言っているか・何を感じているかを想像してみましょう。

今回は、就職の再の面接を例にしました。

SAY: あなたの面接が上手くいった時、面接官は心の中で何と言ってますか?

DO: あなたの面接が終わった時に、面接官はそのシーンを具体的に想像できる様に書きます。

FEEL: あなたの面接が終わった(始まった)時に、面接官は何と感じていますか?安心、ワクワク、嬉しい。平安。エネルギッシュ。満足。理解された。

THINK: 「~の悩みが解決された」という形で書きます。

 

共感先取りマップ(サンプル)

 

コツは、頭で考えず口語体でイキイキとしたセリフを思いついたままに書くということです。

間違いも正解もないので、ゲーム風に楽しくやりましょう。

カラフルなペンなどを使うのもいいですね。

絵を描くのが得意な人は真ん中に自分の好きな絵を書いてもいいです。

何人かでワイワイと楽しくやるのもいいと思います。

白紙のものもアップしてますので、プリントアウトしてどんどんセリフを書き込んでいって下さい。

 

共感先取りマップ(ブランク)

 

Enjoy!!!

面接やプレゼンで緊張してしまう時の6つのパターン②

面接やプレゼンで緊張してしまう時のパターンを考えてみました。(面接やプレゼンで緊張する時の6つのパターン①より続き)

4、自分の中で基準を高くしすぎている。

こういう人は、完璧なプレゼンや面接とはこういうものだ、面接というものはきちんと話さないといけない、と自分の中でハードルを高くしているかも知れません。これでは、リラックスして臨めなくなってしまいます。ベクトルが相手ではなく自分に向いている状態です。

プレゼンや面接の本質は相手との対話です。相手がこれだけは聞きたいと思っていることは一言で言うと何ですか?相手が聞きたいことは概して格段にシンプルだったりします。自分から相手にベクトルの方向を向け直しましょう。

5、完璧に知ってなきゃいけないと思っている。

面接やプレゼンは準備が大切です。準備でほぼ決まるとも言えます。その上での話ですが、いくら準備しても想定外の質問や分からないことを聞かれることもあります。

ただ、相手はあなたにアナウンサーのようなしゃべりを求めている訳でもなく、辞書のような完璧な知識を求めている訳でもありません。相手が知りたいのは、この人は信用できるか?一緒に働けそうか?ということです。多少言葉につまってもいいから自分の言葉で答えればいいし、どうしても答えが分からない時には「それについては調べてお答えします。」と答えても案外問題はないのです。それだけで、ずい分楽になることでしょう。

6、相手が求めていることを知らない

相手や相手が求めていることを知らない時こそ、「あんな風に思われたらどうしよう?」「~こんなこと言っていいのかな?」「こんな表現でいいのかな?」と余計な心配で頭が一杯になりがちです。

まず、相手が知りたいことにシンプルに分かり易く答えましょう。

就活の面接だったら、コミュニケーションはとれるか?(会話のキャッチボールが成り立つか?)チームで働けるか?うちの業界を知っているか?あなたはうちで活躍できそうか?

プレゼンだったら、これは現状の課題解決にどう役たつのか?この案(あなた)は信用できるか?一緒にこれを進めていけそうか?ー原点に戻りましょう。

面接やプレゼンで緊張する時の6つのパターン ①

面接やプレゼンで緊張しまった時どうしていますか?

面接やプレゼン、初めての人との面談。。。緊張した時、ちょっとしたコツでリラックスできるといいですよね。

緊張してしまう時のパターンを考えてみました。

1、ぜったいにこれは落とせないと思っている。

「ぜったいに落とせない」と思えば思うほど、緊張します。こういった時、相手が聞きたいことをまったく無視して一方的に早口になりがちです。仮にこのプレゼンや面接を落としても、死ぬことはないと思って、一旦手放しましょう。すると「スペース」ができて楽になります。

2、周りの人がすごく見えてしまう。

例えば、あの人は◎◎大学で、あの人はあんな肩書き・経歴で、あの人はMBAで、…etc.といった感じです。きりがありませんね。相手と「比較」をしている限り、いくらでも自分の自信のない部分を見つけることができます。

またいつも一番である必要も全員に好かれる必要もありません。すでに全ての人たちがそれぞれの分野でのオンリーワンであるからです。面接やプレゼンは互いのマッチングのための機会でもあります。もしあなたのスタイルや応えが受け入れられなかったなら、あなたが劣っている訳でもなく、単に合わなかっただけです。自分に合うもの、合わないものを知る機会があってよかったと思いましょう。

3、自分ではない人になろうとしている。

自分は一見静かだけど芯が強く深く訴えるタイプだとします。隣にダイナミックに表現をするタイプの人がいるとします。その時のもったいない例は、その隣のダイナミックなタイプの人に圧倒されて萎縮してしまうか、自分でない表現をして自滅するパターンです。

一般的な理想的な面接像といえば、言葉に詰まることなくスマートに次から次への質問に答えていく、プレゼンだったら、ダイナミックに数字やチャートを交えながら次々とよどみなく論理的に展開していく。。。というものでしょうか。

ただ、最近は、「経済は感情で動く」「人間は感情の生き物」「感情営業」と言われるように、論理だけでは人間の心は動かせないこと、感情ことが鍵だという認識が拡がっています。いわゆるスマートな面接やプレゼンがいいと言うことも、自己主張は強い方がいいというイメージも誤解なのです。

仮に周りにどんなにすごい人と思う人がいようが、結局のところ自分は自分にしかなれません。ただ表現の仕方が違うだけです。物静かだけれども深く人を感動させるピアニストがいるように、自分にあった表現方法を見つけていけばいいのです。

 

面接やプレゼンで緊張する時の6つのパターン ②に続く

なんでも◎◎時間かければその分野のマスターになれる

先日、どんな分野でも1万時間をそれに費やすと、その分野をマスターできるということを書きました。

生まれながらの得意や不得意の分野や方向性はあったとしても、一定の時間を、エネルギーをそこに向ければ、どんな分野でも熟達できるということです。

では、この「一万時間」とはどれだけの感覚でしょうか?

一日に3時間だとすると、およそ9年です。

一日に8時間だとすると、およそ3年半です。

一日に10時間だとすると、およそ2年7ヶ月位です。

鉄腕アトムの手塚治さんは一日何時間も漫画を描いていたというので、おそらく2年ちょっとで漫画の「マスター」になられたのでしょう。

自分が好きなことはまだ分からない、今やっている仕事があるという場合はどうでしょう?

私たちは、今関わっている目の前の仕事を通じて「一万時間」レベルに到達することができます。例えば、コミュニケーションのマスターになる、接客のマスターになる、プレゼンのマスターになる等です。

その分野の成果が1万時間に到達したという意味ではなく、それについての練習や勉強や準備、どうやったらもっと上手くできるかといったトライ&エラー全てを含めて1万時間です。

一日最低8時間を費やす仕事ですが、同じ一日をコミュニケーションのマスターになると決めて過ごす人となんとなく8時間を過ごしてしまう人の差はとっても大きそうです。

今日からはじめれば3年も経たないうちにあなたもマスターです!

「好きなことこそが成功する」の訳 ②

先日、二人の巨匠クラスのピアニストの方の演奏を同時に聴いた体験を書きました。片方は、世界的コンクールに優勝した人で、いわゆる「ピアニストの格」としてはコンクールの優勝者の方の方が上なのでしょうが、私の心の琴線に触れたのは、もう一方の方の演奏だった、というお話しです。「好きなことこそが成功する」のわけ ①

ちなみに、その方とは中村紘子さんですが、その後、たまたま新聞でみつけた彼女のデビュー50周年記事にこうありました。

「毎日最低は5~6時間の練習をし、演奏をし続けていたら気づいたらデビューから50年経っていた。」と。

どんな分野でも1万時間をそれに費やすと、その分野をマスターできるといいます。

別の言い方をすると、どんな分野でも一定の時間を、エネルギーをそこに向ければ、どんな分野でも熟達できるということですね。

ただ、実際のところ、好きじゃないと興味がないと1万時間も続けられない。

でも、好きなことだったら、誰かが止めようとしてもやり続けられる。

ここにも「好きなことこそが成功する」の訳がありそうです。

「好きなことこそが成功する」の訳 ①

自分の才能ってどんな分野なんだろう?私って何が得意なんだろう?そんなことを思うことはありますよね。

その中でよく言われることは、好きなことを仕事をしている人は成功する、ということです。好きなことで成功できるの?好きなことでは食べていけないんじゃいの?と思いがちですが、好きなことだから成功する、という捉え方です。

あるコンサートでこの事を実感した事がありました。

二人の有名ピアニストとオーケストラによるチャリティーコンサートでした。

両方とも何十年も活躍されている巨匠クラスの方で、普通はこのクラスの方が同じコンサートで弾くことはないそうなのですが、3.11のチャリティーコンサートということで、特別に企画されたものだそうです。

一人は世界的に有名なコンクールの優勝者でした。後者は優勝こそしていないけれどもやはり世界的に有名な方でした。

このレベルになると一体何が演奏の質を決めるんだろう?と単純な疑問が浮かびました。

結果から言うと、私は後者の方の演奏に感動したのです。演奏中に涙が自然に溢れてきて止まらない位でした。「ピアニストの格」としてはコンクールの優勝者の方の方が上なのでしょうが、私の心の琴線に触れたのは、もう一方の方の演奏だったのです。

クラシック音楽は素人の私ですが、単純に感じたのです。「あっ、この人ってピアノを弾くのほんとうに好きなんだな。」「上手く弾こうとかそういう領域をとっくに越えているんだな」、と。

それが何であれ、その人がそれを楽しんでいる感情、その人の情熱が聴き手に伝わる。

それが「感動」の仕組みなんだと。

だから、好きなことこそが「大きな武器」になる ー ガッテン!!!な体験でした。