世界とあなたをつなぐ対話シリーズ(第2弾)

南スーダンにいた時に思ったこと。国連やいろんな団体が選挙や国づくりの支援をする。制度面ってそれなりに蓄積あるけど、心の平和や希望を取り戻すにはどうしたらいいの?和解委員会とかはあるけど、もっと気軽にできる方法ってどんなもの??

いろんなメソッドがあるので、現場の人や実務家、関心ある人たちと一緒に体験して考えていきたい、そんな意図でこのシリーズがはじまりました。

今回取り上げたのは非暴力コミュニケーション(non violence communication: NVC)で使われるエンパシーサークル。

まず、「最近感情を動かされたことはなんですか」をそれぞれシェアします。他のメンバーはその人が求めてること(欲求-ニーズ)を感じとり、ニーズのカードからそれを選びその人の前に置く、そして本人が3つ選ぶ、というのをやりました。

私の順番になり、他の人が選んでくれたカードを見ると、自分に本物であること、あたたかさ、慈しむこと、効果的であること、相互依存、などなどでした。ふ〜む、納得です。

IMG_1039

わたし自身、自分を責めがちなタイプだけど、これをするとそのエネルギーが自分の中の欲求(ニーズ)に繋がってホッとします。言葉を越えた部分に意識が向いて自然にお互いの理解が深まるからコミュニティーやチームワークに使えますよ。

こんな視点やアプローチをもっといろんな場面に拡げていきたいと思います。

広告

投稿者: blossomjp

80カ国以上もの人達が ー文化も言葉も職歴も違う人達が ー アフリカの僻地で出会い、突然「国連軍」として「国連警察」として「国連職員」として仕事を始めることになっった。。。 国連に「出稼ぎ」に来ている人もハーバード卒業の「エリート」もみんな一緒。カオスでにぎやかな現場で80カ国の人たちが一緒に平和を築くためには?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中