セッションを有意義にするための10のポイント

セッションを有意義にするための10のポイント

 

1、目的を明確にする

エネルギーは「意図」に従います。セッションの質を左右する大きな要因の一つは受ける方の「意図」です。短い時間を有効に使うためにも、自分がセッションを受ける目的、フォーカスしたいことを明確にしておくのは大切なことです。

 

2、「思っていること」よりも「感じること」にオープンに

私たちは一生懸命に考えているつもりでも、実際には思考停止になっていたり、いつものパターンで頭の中を不安がめぐっていることも珍しくありません。セッションでは、顕在意識(考えていること)だけでなく潜在意識(感じていること)にフォーカスをあてます。自分が感じることに「よい」「わるい」はありません。まだ見知らぬ自分を発見する可能性にオープンでいましょう。

 

3、自分にプレッシャーをかけない

人生の中で培われてきた長い間の習慣やくせ、自分の考え方(認知スタイル)は、一回や二回のセッションで変わるものではありません。自分に過度の期待やプレッシャーをかけるのは効果的ではありません。自分のお花を咲かせるためにはまず土を耕し整える必要があります。長期的なスパンで考えましょう。

 

4、自分や他人を責めるのではなく、「リフレクション」を学ぶ

人は自分の行動の結果(行動していないことの結果も含む)や「失敗」を受け止めることはとくに嫌な気持ちがして、難しいと感じるものです。ただそんな時こそ、自分を責めたり、誰かを責めて一時的に嫌な気持ちを転嫁するのでもなく、形だけの「反省」でもない、ほんとうの「リフレクション」を学ぶ機会です。リフレクションとは、ありのままに事実や自分の反応を整理し、理解し、より効果的な対応を学ぶことです。

 

5、結果を手放す

逆説的に聞こえるかも知れませんが、「結果」はこうでなければいけないと思うほど、新しい可能性を遠ざけることがあります。いったん「結果」は手放し、新しい可能性にオープンに臨みましょう。

 

6、セッションの後、気分が悪くなることがある。

セッションの後、気分が悪くなることがあったり、また悪くなっていると感じることがあるかも知れません。今まで「フタ」をしていたものが浮上することがあるからです。フタをされてきたものが意識されてはじめてそれに対処できるからです。こうした過程は「好転反応」と呼ばれます。もし、仮に気分が悪くなったとしても、そうした過程をがあることを理解しておいてください。

 

7、無理やり納得させるのではなく理解する

頭ではわかっているのに身体が動かない、気持ちがついてこない、または、「抵抗感」があるような気がする場合は、それをまず受け止め理解しましょう。そうした場合、無理やり自分を納得させようとするよりも、そうした部分を受け止めほんとうに理解するとき、身体や気持ちは自然とついてきます。必要であればセッションでシェアしてください。

 

8、人それぞれ体験はまったく違う。

セッションの内容や結果など人それぞれ体験はまったく異なります。人と比べるのはなく、自分自身の進歩にフォーカスしましょう。

 

9、言葉で伝えられていることは10分の一にも満たない

私たちは言葉を通じてコミュニケーションをとりながら、同時に言葉を超えた部分でも多くのメッセージを受け取っています。言葉で伝えられることは10分の1にもならない、とも言われています。言葉を超えたコミュニケーションにオープンに楽しみましょう。

 

10、楽しむ

人が自分の人生に向き合い新しい自分を発見していく過程はとても解放的で感動的です。自分が自分のために時間をとり、自分の課題や可能性に向き合っていく過程で(最初は問題解決や症状の改善がフォーカスであったとしても)今までできなかったことができるようになったり、同じ出来事が自分の中でまったく違うように感じられることがあるでしょう。こうして私たちは自分の力を取り戻し、成長してまた世界に貢献していくことができます。また、こうした過程の中で、偶然にメッセージを受け取ったり、いろいろな形のサポートを受け取ることもあるかも知れません。目的地に着くことだけが目的ではありません。こうした過程を楽しみましょう。

 

Life is a journey with problems to solve, lessons to learn, but most of all, experiences to enjoy!

広告