人は自分の力では愛することができない

今年の4月から二つの大学で教えることになりました。

毎週授業の準備して、教えることを通じて、これまでの自分の体験をまとめることはよい機会となっています。

同時に、チャレンジは、毎週360人以上(全クラス合計した人数)に教えるということ。

教えるということは、ある情報Aをわかりやすく、伝えること、または、「知識や技能を身につけるように導く」ことだとしたら、それなりにこなせます。

 

ペーパーから、学生のやる気や思索の質の向上が見られることは嬉しいことです。教師冥利につきます。

ただ、360人位いると、やる氣も性格もまったく人それぞれです。

 

知識よりも愛を求めている学生が多いとも感じます。

 

個別のセッションも好きだけど、それをわたしが自分の力でやっていたらおそらく燃え尽きてしまします。

 

そんな時に出会った本、ダニーシルク著「愛し続けなさい」です。

最近読んだ本でとてもよかったものです。

 

そして、この本を読みながら、このような語りかけをいただきました。

「『羊の囲いに門から入らないで 他の所を乗り越えてくるものは盗人で強盗です。』相手が誰であっても、羊の門を通さずにあなたが憩う牧場に勝手に入らせてはいけません。
私が門番をする牧場は、平和で安全で、あなたは私の与える豊かな牧草を食べ完全に守られています。
神の羊たちの牧草や平安や愛を盗もうとする人がいます。自覚がある人もいるし無意識の人もいます。彼らは 門番や牧者から離れ、さまよう羊になっています。帰る場所がわからず、近くの良さそうな牧場に入り込もうとします。
人は本当の愛を神からしか受け取ることができません。神のみが愛を与えることができます。 神の門を通さずに人を愛そうとしてもボロボロになるだけです。
さまよう羊には、門の入り口はあちらですよ、と門を指し示してあげることができます。
あなたは境界線(boundary)というものを学んでいきます。あなたにとって大きな財産になります。」
 『愛し続けなさい』を開く。
以下 『愛し続けなさい』より。
「表面的な会話で終わることが多いのはほとんどの人がそのような会話や関係しか家庭の中で体験して来なかったからです。安心して親密になるためには 互いの欲求を言い表すことのできる安全な環境と信頼のある関係性を持つ必要があります。」
親密さを体験すること、つまり互いにありのままの自分を知ってもらい、受け入れてもらうこと以上に人間にとって満足感をもたらすものはありません。」
安全な場があること、正直であること、受け入れられることがいかに大切なのかが示されています。
授業でもグループで自分の意見をシェアするように言うと、いつものおしゃべりではなく、ある型にあてはめてやると、一言をシェアするのがこんなに難しいとは思わなかったという感想が多々ありました。
話す内容よりも前に愛があって安全に受け入れられる場があって、意見が受け入れられ尊重される場が大事であることを実感します。
ですので、わたしの役目は彼らを究極的には「愛すること」ですね。
とはいえ、人間ですので、難しいと感じるときもあるのですね。。。
「わたしの力」では人さえ愛することはできない。
だから、わたしがまず愛で満たされることを求めます。
そしたら、愛は伝わるのですね。😊😊😊

「自意識過剰」や「自己嫌悪」にとらわれているときには自分を明け渡す時ーGOOD to GREATという法則

Good to Greatという題名の全米ベストセラーの本(邦題「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」)があります。

 

Good to Great

 

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則.jpg

直訳すると、「グッドから素晴らしいへ」「よいから偉大へ」とでも訳することができるでしょうか。

 

人の真似ではなく、なんとなく周りと一緒でもなく、自分が「自分の人生」を生きることは、今の「個の時代」を生きるために土台となるスタンスだと思います。

 

同時に「自分」にばかり焦点をあてていると、「自意識過剰」になったり、「自己嫌悪」や「自己満足」になってしまったり、逆効果となる時もあります。

 

「自分」が苦悩の原因であるという表現さえあります。

 

または、そこそこまでは自分の努力や自分の力でがんばってできるけれども、グッドからその先に行くにはどうしたらいいのか?という問いにも繋がっていきます。

 

モーツアルトはたった数年の間に何百曲も素晴らしい曲を作曲をして天才音楽家と呼ばれました。

 

彼にとっては、音の塊(かたまり)がメロディーがとしてまさに彼の上に降ってきた、というような体験だったそうです。

 

作曲をすることは、もちろん彼の努力を土台にしていますが、彼の能力を超えた、彼に与えられた役割とまさにギフト(贈り物)でした。

 

わたしはクラシック音楽のコンサートに行くのが好きですが、一生懸命に努力して指揮棒を振る指揮者と、自分が導管(conduit)となってその人を通じて音楽が醸し出されていくかのようにオーケストラ全体から音色を引き出す人の両方を体験したことがあります。

 

簡単にいうと、前者の人は力が入っていて、後者の人は軽やかです。

 

前者は「Good」ですが、やはり「Great」にはたどり着けません。

Greatな演奏は、その人個人を超えたより大きな力と一体になったようなものです。

それがまさに「Great」=「偉大な」と呼ばれるゆえんだと思います。

 

「Good to Great」という本のタイトルは、まさにその違いを見事に一言で表現しているなあと思います。

 

自分を超えたより大きな力である「偉大さ」(Greatness)とつながることを意図しましょう。

 

でも、これは大きなことをするという意味ではありません。

 

仮に「大きな仕事」をしていても中途半端な気持ちで取り組んでいたら、まったく偉大さを発揮できません。

 

逆に聞こえるかも知れませんが、自分ができることの「小ささ」を認めて、大きな力に道を譲って働いてもらうのです。

 

掃除でも、料理でも、一見小さな仕事と見えるものでも、そこに自分を通じて今やっていることに「偉大さ」(Greatness)がもたらされるようにと自分を明け渡すのです。

 

そして、より大きな力に道をゆずるときに、私たちは自分を通じて働く大きな秩序を体験し、畏敬の念を感じ、心が満たされ、充足感を感じるのです。

 

心をこめて何かに取り組んでいるとき、またはその人が情熱を感じていることに取り組んでいるときには偉大さが自然に表れています。

 

だから、自分が好きなこと、情熱を感じることをやりましょう、と言われるのですね。

 

それがもし人と関わるときには、自分を通じて相手の人に対してより大きな力によって愛や慈愛、安らぎがもたらされるように意図しましょう。

 

それは自分の力でできることではありません。

 

明け渡しましょう。

 

より大きな力に働いてもらいましょう。

 

自分が努力をするというレベルでは満たすことのできない部分が私たちのDNAの中には組み込まれています。

自分は何がしたいんだろう❓と思ったらー「自分」に焦点をあてすぎると苦しくなってしまうから🎁🎁できることを探そう

ロンドンへ行って「感謝感度」が更にあがりました。

 

年明けに研修でロンドンにいましたが、イギリスはほんとうに毎日曇っていて三日に一回雨が降ります。

 

今回の滞在では幸いに一度も雨に遭わなかったのですが(雨は降りましたが部屋にいた時でした!)、寒い上に空がどんよりで雨が降ってきて濡れたりするとホントに凹みます。

 

そんな日を経て(そんなに長い間ではありませんでしたが)、日本へ帰ってくると、朝起きてカーテンを開けて晴れた青空をみつけ、太陽のポカポカの日差しに当たっていると幸せな気分になります。

 

それから、日本の地下鉄や電車の快適さです。

 

ロンドンの地下鉄は1863年(日本は江戸時代です)に開通した世界最古の地下鉄ですが、とても狭いです。

 

ロンドンの地下鉄は世界一古いとあって、そもそもの形が古く小さく、わたしよりもずっと背の高いイギリス人が頭を曲げてかろうじて乗っていて、窒息しそうな気分になりました。

 

東京の満員電車もかなり大変ですが、ロンドンの地下鉄体験に比べると車両は1.6倍くらい確実に広いし、車両も新しく、ホームもきれいなので、ロンドンに行った後は、電車に乗るたびに感謝しています。

 

当時は限られた掘削機しかなくて、それが標準となってつくられたのがロンドンの地下鉄だそうです。

 

ちなみにヨーロッパでロンドンの次に地下鉄ができたのは、トルコのイスタンブールだそうで、ヨーロッパではパリの地下鉄の方がずっと快適だと言われます。

 

日本の古い地下鉄車両はアルジェンチンのブエノスアイレスで活躍しているそうです。

 

先日、「自分が自分であることに価値がある」、ということを書きましたが、同時に注意しないといけないのは、「自分」ばかりを追っていると、自意識過剰にはまったり、自己嫌悪や疑いや失望にひっぱられてしまうことがよくあります。

 

この場合の「自分が自分であること」とは、誰かの真似ではなく、他人に認められるための人生を生きるのではなく、自分が自分であることをゆるし、自分に与えられたものを受け入れ、自分の役目を生きていく、というニュアンスです。

 

自分よりもはるかに大きな存在が用意してくださっている計画に同意する、ということです。

 

自分は何がしたいんだろう?ー

 

そんな問いを持ったら、これまでに与えられた経験について感謝を書き出すことをお勧めします。

 

自分が自分であることは大切ですが、「自分」に焦点をあてすぎると苦しくなってしまうので、感謝できることを探しましょう。

 

高校

バイト

専門学校・大学

一番初めの仕事

同僚

上司

旅行

人間関係

etc.

 

それらの時期や人間関係を通じて、どんな体験をしましたか?どんな恵みがありましたか?

 

その体験からどんなことを学びましたか?

 

感謝のノートをつくって、感謝できることをノートに書き出しましょう。

 

 

1日の中で感謝することを書き出しましょう。

 

感謝は心をオープンにしてくれ、新しい見方をくれたり、心を柔らかくしたり、新しいスペースをくれます。

 

感謝はトレーニングです。

 

感謝をするから、感謝することに気づけるようになるのです。

 

そして、感謝することがさらに引き寄せられてくるのです。

素晴らしい循環ですね!😍💛🎁

 

感謝するから幸せになるのです。

 

感謝!

 

関連記事→幸せだから感謝するでのはなく、感謝するから幸せになる

http://urx.blue/Q4dy

すべての人間関係に使える!愛を伝え、愛を受け取る5つの言語(5 Love Languages)

今日友人たちとランチをしながら、愛の言語(Love Languages)についての話しになりました。

 

人は常に人間関係の中で、常に何らかのメッセージを送り合っていて、人によって愛されていると感じる方法が違うと言われています。

 

それを五つの愛の言語(Love Languages)として分類して説明した本「The Five Love Languages」(邦題「愛を伝える5つの方法」 )は、なんと世界1100万部!だそうです。

 

やはり、豊かな人間関係を築き保つためにはやはり理解や工夫がいるということなのだと改めて思います。

 

5つの愛の言語(人が愛されていると感じる方法)があると言われていますが、「愛を伝える5つの方法」を参考に、5つのタイプを簡単に紹介したいと思います。

 

人それぞれ、愛を感じる点があって、大きく以下の次のタイプに分類されます。

  1. Words of Affirmation(肯定的な言葉)
  2. Quality Time(クオリティータイム)
  3. Receiving Gift(贈り物)
  4. Acts of Service(サービス行為)
  5. Physical Touch(身体的なタッチ)

 

1肯定的な言葉(Words of Affirmation)

思いを言葉にして表すこと。感謝、賞賛、励まし。勇気を与える言葉、優しい言葉をかけること。

相手を尊重する気持ちを言葉にして伝えること。このタイプは、単純な励ましの言葉一つで安心感や絆を感じます。肯定的な言葉を聞くたびに愛を感じ、リラックスします。逆に声のトーンが否定的だったり、批判的だったりすると、不安レベルが上がやすいので、何かを伝える時には必ず愛のある優しい言葉でフィードバックを挟むことが大事です。

 

2クオリティ・タイム(Quality Time)

相手のために時間を作り、いっしょに過ごすこと。いっしょに楽しむ。目の前の相手に関心と注目をそそぐこと。

このタイプの人は、どんな1日を過ごしたか、など、相手の人が自分に関心を向けて聴いてくれると理解され、気遣われていると感じます。

その人のために時間をつくってあげないと、あなたはその人に対して無関心だと捉えられてしまう傾向が高いので、長い時間でなくていいので、5分だけでも完全に相手に関心と興味を向けて会話をしたり、一緒に行動してあげることが大切です。

 

3贈り物(Receiving Gifts)

相手を思っていること、考えていることを表現するプレゼント。品物の金額ではなくて、それが象徴する思いが重要。

贈り物によって愛を感じる人は、贈り物を受け取ることでその人が自分のことを考えていてくれたと感じます。「君を理解しているよ、考えているよ、君のことを研究しているよ」というメッセージを贈り物という象徴に感じます。このタイプの人は誕生日や記念日に贈り物をあげることを好みます。自分がそこに価値を置いているからです。でも、このタイプが期待するプレゼントは必ずしも値のはるものである必要はありません。あなたのことを理解していますよ、あなたのことをわかっていますよ、というメッセージが伝わればいいのです。また、とても高価なものを一回贈るよりも、小さいプレゼントを何度もこまめに贈る方が喜ばれます。

 

4何かをしてくれる・何かをしてあげる行為(Acts of Service)

勉強や仕事を手伝う。猫の世話、花を活ける。料理や掃除など、ほとんどの家事や雑用はAct of Service。

親切な行為や身の回りのことをしてもらうと愛を感じる人がいます。

例えば、家事を手伝ったり、料理を作ってあげたり、文字通り、相手に何かをしてあげる事で愛情を感じるタイプです。

このタイプにとっては、散らかった状態の部屋やキッチンなどは「災いのもと」となります。その人がやって欲しいこと、自分が相手にやって欲しいことをお互い丁寧にコミュニケーションをすることが大切になります。

 

5スキンシップ(Physical Touch)

手をつなぐ、抱きしめる。性的なふれあい。パートナーといっしょにソファでくっついて座るなど、身体的なふれあい。

スキンシップタイプの人は、触れてもらうことで安心感を覚え、気遣われていると感じ、そして、それによって愛されていると感じます。このタイプには、優しい抱擁をされることは100回優しい言葉をかけられるよりも勝ると感じる人もいます。

そっと相手の肩に手をおいたり、さりげないタッチや外を歩く時に手をつなぐこと、触れ合って座ることに安心と愛を感じる人もいます。

ただ、相手に聞かずに自分のやり方で決めつけて相手に触れることは逆の効果となりかねません。

スキンシップは相手の空間に入り込むことでもありますから、相手の人と丁寧にコミュニケーションをとりながら相手によって心地よいスキンシップをみつけましょう。

 

まず、自分のタイプを知ることが大切ですね。

 

さて、自分の言語をみつける診断サイトもみつけたので、ぜひ、やってみてください。

きっと、自分のパターンについて発見があると思います。

 

http://ur2.link/PZuQ

 

ちなみに、これの5 Love Languagesは、世界的に結婚カウンセリングで使われているそうですが、家族のタイプを知ったり、上司のタイプを知ったり、ビジネスやプロジェクトのチームビルディングでも使われているそうです。

 

個人的に面白いと思うのは、これが人間関係に関する愛の「言語」と呼ばれていることです。

 

同僚やチームメートでも国や母国語が違う人とは、お互いに違うことを前提として相手を知ろうとしたり、言葉で伝えようとする努力をもっと意識的にしますが、たとえ同じ日本語を話す人同士であっても、やはり基本的には違う人とコミュニケーションをとると考えて、お互いを理解しようとする姿勢が大切なんだと改めて思います。

 

私たちの人間関係が恵まれ豊かなものでありますように!

イギリスEU離脱の根本にあるもの? 「少し想像してみて。隣の国には国境管理がなくて。。。」やっぱり行ってみて感じないとわからないこと

先月、出張で14年ぶりにロンドンへ行く機会がありましたが、久しぶりの印象がいくつかありました。

第一に、キャッシュレスが浸透していることでした。

一緒にいたある同僚は、そもそも成田空港で両替をするつもりもなく、実際、出張の8日間の間の買い物と食事の全てをクレジットカードのみで通していました。

 

第二に、いろんな国の料理・レストランが増えたことでした。

オフィスと宿泊先のあった「第二の金融街(シティー)」と呼ばれる高層ビルに囲まれた再開発地区だったのですが、繁盛していたレストランはトルコ料理だったり、インド料理だったり、タイ料理でした。

 

第三に、これはレストランが増えたという点とも繋がるのですが、移民というか、いわゆる白人以外の人たちが圧倒的に増えたという印象でした。

 

14年ぶりのロンドンで、その間にオリンピックもあったし、ロンドン市長はすでにパキスタン系イギリス人になって数年経つので、それは「想定内」のことではあったのですが、空港へ行くタクシーのドライバーの人はロシア系の人だったし、スーパーのレジや空港のチェックインカウンターの受付の人や空港で働いている人たちの7割以上が非白人系の人でした。

 

今回はパリ経由だったのですが、パリの空港でも事情はほぼ同じでした。

そして、ロンドンーパリ間のエールフランスの乗客も、7割近くが非白人系の乗客でした。

(旅行客というよりも通勤?住んでいる人のように見えました)

 

20年前もすでに「イギリス料理で一番美味しいのはインドカレーだ」などと言われていて、インド料理はイギリス社会にすでに浸透していていたように、旧植民地のとくにインド系やパキスタン系の二世の人たちが社会の第一線で活躍し始めていましたが、トルコ系の人たちはこの20年の間の新しい移民の人たちなのだと思います。

 

ロンドンでもニューヨークのようにまではいかないけれども、SUSHIやみそ汁やうどんなどが普通のモールの中の小洒落たお店で食べることができるのは私みたいなたまに訪れる人にとっては有難いし、いろんな国の料理を食べられるようになって嬉しいけれども、気になるEU離脱(BREGXIT)に関するイギリス人の本音については、こんな声も耳にしました。

 

「君も、少し想像してみて。隣の国から国境管理もなく大量の人が押し寄せてきて、いつの間にか周りは隣の国の人たちばかりなんだよ。そして自分の国の経済のことなのに、毎回毎回となりの国と一緒に議論しないといけないんだよ。キミ、それ我慢できる?」

 

それを聞いたとき、そういう意見があることもわからなくはないなあ、と思いました。

 

もちろん、意見を聞く相手がロンドンに住む人か、地方に住む人か、または、若い人でEU圏内で働くことができるなどの恩恵を受けているかどうなか相手によって返ってくる意見もまったく違うでしょう。

 

クーリエジャポンに、ちょうどEU離脱が決まったばかりの時期に住民投票を左右したのは、いずれにせよ、イギリス人の「エモーションだった」という趣旨の記事を書いたこともありますが、人間はロジカルなようでも、まったくロジカルではないので、わたしたちは、人間の価値観や安全というものをもっと丁寧に扱っていかなければいけないのだろう、と改めて思います。

 

「今のような変化の時代には、『技術的な課題』ではなく、『適応課題』(Adaptive Challenges)に私たちが向き合うことができるようになることが重要である」、とハーバード大学のロナルド・ハイフェッツ教授は指摘します。

 

ハイフェッツ教授は、各国の大統領、首相、IBM、マイクロソフト、マッキンゼー、世界銀行、CIAなどのアドバイザーを務め、ハーバード大学ケネディースクールで35年間リーダーシップについて教鞭をとっていますが、さらにこう言います。

 

「わたしたちは問題に対して、技術的に解決しようとするが、この変化の早い時代にわたしたちが直面する多くの課題は、技術的な問題ではなく、人の適応や価値観の転換に関する課題であって、その本質は「適応」に関する課題」だ」と。

 

とくに制度や社会の構造が変わったり、人が不安を感じたり、自分の安全を脅かされたと感じるときには、とくにこの視点が大事とされ、そういう時にこそ、社会や組織の人たちが大切にしている価値観や信念を明らかにし、彼らが変化に適応できるように戦略的、かつ、政治的に対処することが鍵とされ、そうした適応の過程をサポートする働きは「適応型リーダーシップ」(Adoptive Leadership)と呼ばれています。

 

例えば、人はどのようにしたら別のやり方を受けいれやすいのか等を理解し、もしなんらかの不安や障害があるならば、それに気づいて安心を与えること、そして、新しい方向性を示すことです。

 

国連職員として南スーダンで元兵士の職業訓練に関わっていたとき、釘やネジ一つ隣国のウガンダやケニアから輸送しなければいけない中で苦労をして、元兵士の人たちに職業訓練などの技術的な支援を提供することはできましたが、本当に求められていたのは、「適応」に関するサポートだったということは多々ありました。

 

最近のヨーロッパの動きは、どの国でも起こりうることで、日本も無縁ではありません。

 

そして、自分の目で見て感じることを大切にしながら、日本の歴史における鎖国の解禁や、江戸から明治の近代国家への移行、終戦後の国づくりなど、改めて勉強してみたいと思っています。

使命と仕事は⭕️⭕️を学ぶためにあるー〜ができたら、あなたは仕事に困ることはない

マザーテレサの元には、「わたしも貧しい人のために働きたい」と世界中からカルカッタを訪れる人がいました。その人たちにマザーテレサはこう言われたそうです。

 

「もし、そういう気持ちがあるならば、どうぞあなたはお金持ちの人たちに仕えてください。彼らも愛が必要です」と。

 

その言葉を直接マザーから受け取り、お金持ちの人たちからファンドレージングを始め、世界一のファンドレーザーとなり、世界の格差や紛争、環境問題に取り組むリンツイストさんという方がいますが、彼女は、単にお金を集めることよりも、その過程を通じて、「貧しい人」と「恵まれた人」がお互いを知り、自分の中の力を確信し、助け合う機会を提供する価値の方が重要だった、と話しています。

 

たとえば、寄付を募る機会を通じて、リンツイストさんは、時にMicrosoftなどの大企業で幹部を務める女性達の話に耳を傾け、「毎日忙しすぎて、なんのために働いているのかわからない」と苦悩を打ち明ける彼女たちにエチオピアの女性達の持つ勇気について話し、勇気づけたり、ある大企業のCEOの心の悩みに耳を傾けることもあったと言います。

 

彼女はエチオピアの女性達と一緒に働いた時の様子も語ってくれていますが、彼女の体験は、たとえば、世界の貧困問題に関わることは、貧しい人たちにだけ関わることではなく、貧困とはまったく逆の位置にいる裕福な人たちやそれも含めた私たちの世界にかかわることであることを教えてくれています。

 

Soul of Money

The Soul of Money: Reclaiming the Wealth of Our Inner Resources

Soul of Money JP.jpg

 

邦訳 リンツイスト著「ソウルオブマネー」

 

また、教育にかかわる人たちはこういいます。

 

「子供たちを愛することはまだ簡単。でも本当に大変なのは、子どもを大切にしない大人に接すること。」

 

この原則はどの仕事(道)にもみつけることができると思います。

 

神様は、私たちにある分野に対して情熱を与えてくださり、ある道に導いてくださいます。

子どもが好きならば、保育園の先生になる人、教育にかかわる人もいるでしょう。

小児科を選ぶ人もいるでしょう。

人を助けることに特別な思いがあって、医者になる方もいるでしょう。

 

もちろん、自分に与えられた仕事を情熱をもって忠実に行うことはとても大切です。

 

そして、与えられた仕事に一生懸命に取り組み、必要な知識やスキルを身につけることもとても重要です。

 

私の場合は、南スーダンや東ティモールへ赴任した時には、現地の様子を理解するために、現地の人たちの話しを聞くことは仕事の中でもやりがいを感じる瞬間でした。時にヘリコプターをアレンジしてまで、遠くの村の状況を把握しに行ったこともありました。

 

選挙のための住民登録で誰もあぶれることのないように、雨季で寸断された村の状況を把握するために、車が通れない中、山を歩いて、川を越えて、腿まで水に浸かりながらも川を越えて、その村で住民登録を行ったこともありました。

 

大変だったけれども苦労とは感じず(若かったのもありますが😊)、取り組むことができたのは、神様に与えられた情熱があったからだと思います。(感謝!)

 

わたしの場合の情熱は、とくに紛争によって虐げられた人たちや弱い立場にいる人たちに対して向けられたものでした。

 

同時に、紛争予防や人道支援という分野で働く人たちの中での足の引っ張り合いとか、競争とかもっとえげつな組織内の権力闘争や、また紛争を長引かせている構造的な矛盾にも直面するようになりました。

 

何年かたって、自分がその分野でそれなりに一人前になり、技術や立場が安定し、さらに、それなりの立場になってくると、または、その過程において、よりはっきりと直面するのは、その世界におけるなんらかの矛盾やまたは自分の中で「ゆるせない」と思うことに直面するようになることです。

 

患者さんには愛を持って接することができるけれども、医師の世界の独特な上下関係やトップダウンの運営のやり方にうんざりしている、失望している、疲弊しているという方もいます。

 

自分が呼ばれた(calling)分野で、仕える人に対して情熱を持つことは比較的簡単ですが、同時に、呼ばれた(calling)場所においては、一緒に働く人であったり、その部署やその組織のやり方になんらかの「ゆるし」を求められる場面がでてくるのです。

 

わたしの場合、今年はエンターテイメント分野での仕事や経営コンサルタントの方とも一緒に仕事をすることになることを思ったときに、これらの新しい分野や世界にかかわることで、わたしの中にもしなんらかの判断(judgement)があるとしたら、ゆるしが促されていることを改めて感じています。

 

逆の言い方をすると、自分の中のゆるしを広げるために分野を広げたり、またはその分野に呼ばれている、召されている、という言い方もできるかと思います。

 

そして、わたしの経験から言えることは、ゆるすことができるならば、結果も成果もついてくるということです。

 

仲裁をする人が両方を判断することなく、裁くことなく、その真ん中にいれば、その状態から状況は開けていきます。

 

スリランカ軍に講師に行ったときのわたしの学びは、国連平和支援やPKOに関する知識でもなんでもなく、「生徒」であるスリランカ軍に対して自分の中で「ゆるし」を持てているかどうかでした。

 

関連記事→http://qq1q.biz/PY1j

 

どんな分野でもこの原則は当てはまります。

 

「ゆるし」さえ持つことができれば、どんな道でもその先は拓けていきます。

 

だから、スキルも専門知識や準備はもちろん大事ですが、今一度、また自分の心の中を点検してみてください。

 

もし、ゆるしがなされていなければ、そのエネルギー(怒りやわだかまり)は身体のどこかにしまわれたままで、いくら時間がたってもほんとうに解決したとは言えません。

 

もしゆるしていない出来事や人をみつけたならば、着実に忍耐を持って、そこにゆるしを求めていきましょう。

 

自分の中にゆるせていないことをみつけると、もう随分と前のことなのにまだゆるせてないのか?と思うかも知れませんが、それを把握すればいいので、自分に慈愛を優しく接っしましょう。

 

もし、自分の意思でゆるすことが難しいと思うならば、その出来事や人を天に委ねましょう。

 

そして、こう祈りましょう。

 

「わたしの中にゆるせない気持ちの根源にある傷をどうか癒してください。

頑固な部分があるとしたらそれを溶かしてください。

ゆるせる心をわたしに与えてください。

ゆるしによってわたしは解放されます。

わたしの心にゆるしをもたらしてくださって感謝します!」

 

Forgiveness sets me free.

Forgiveness brings liberty!

自分を殺して働かないといけないような働き方では自分の才能や可能性に気付くことができない❗️ーほんとうの価値を生むのは⭕️⭕️であること

早くも2019年の1月が終わろうとしていますが、みなさんの年の始まりはいかがでしょうか?

 

私は、年明けからロンドンに出張でした。

 

聖書とコーランに次いでベストセラーを出版している会社だけあって、情熱的な人のいる面白い会社でした。

 

ロンドンでは、スタジオを貸し切ってテレビカメラを向けられてインタビューを受ける研修や、舞台上のプレゼン、プロのイベントMCの人とのセッションなどを練習しましたが、世界レベルで活躍するトレーナーの人たちとの出会いが刺激的でした。

 

わたしの場合、とてもお固い業界に長くいたので、ショービジネス的な世界に触れるのは自分のプレゼンスキルの幅を広げる意味でも、仕事観や自分の世界を拡げてくれる体験としても、とても面白しろかったです。

 

かつ、それでありながら、イベントベースで、日本にいながら仕事ができるのも面白い時代だと感じます。

 

さて、世界レベルのトレーナーの人たちによる研修を受け、フィードバックをいただく中で、とても印象に残ったことがあります。

 

今回の研修でトレーナーを務めてくださった方は、ジャーナリスト出身で、今はエグゼクティブを対照にメディアへの受け答えを世界的にコーチングする人だったり、または、元政府職員で今は各国政府と国連で行うことを超えるくらいの仕事を個人でしている方とか、世界のイベントを飛び回るMC・プロデューサーだったりといった方で、バックグランドも専門分野もみんな違って、担当してくださった分野もみんな違うのですが、みな基本的に同じことを言うのです。

 

「あなたにとって一番自然なスタイルをとってください」、と。

 

誰一人「こう言いなさい」「こういう言い方がいい」「こういう風に言わないといけない」という言い方で教える人はいず、基本的に伝えること(キーメッセージ)が抑えられていれば、その細い内容でなく、その人の自然さが引き出されることが一番重要とされていたことでした。

 

言い換えると、「あなたがあなたであってください」、ということだったと思います。

 

その時にこそ、一番の価値が発揮されるから、という大前提が根本に共有されていたのだと思います。

 

その各業界のトレーナーの人たちが世界を飛び回るその業界の一人者であるのは、まさに、その人が「自分自身」であるからでしょう。

 

誰かの真似をしていたら「そこそこ」までは行けるでしょうが、そういうレベルであるのは、「自分が自分である」ということなんだ、と改めて見せてもらった気がして、やっぱり「自分は自分であること」こそが鍵なんだ、と、とても励まされて帰ってきました。

 

自分が自分であることこそ価値を生むという記事も書いたことがあります。

 

その意味は、

 

一つ目は、自分を殺して働かないといけないような働き方では自分の才能や可能性に気付くこともできないし、活かすことも自分のほんとうの価値も能力もみつけることはできない、ということ、

 

二つ目は、自分でなくても出来る仕事はこれからAIがとって変わってくれること、

 

三つ目は、自分が望むことをほんとうにしようと思った時には、それは既存の職業のリストにあるとは限らず、肩書きを複数持つこともフツーで、あくまでも自分という存在が先にあって、それを活かすのに最適な機会が与えられて、それを表現するのに一番近い職業や肩書きがその時々に選ばれ、つくられていく、という意味です。

 

関連記事→http://u0u1.net/PMFk

 

 

自分は自分でいい!

I can be me!!!

This is me!

 

 

今年は、他にも、ファシリテーターの仕事と大学で教える仕事を始めるので、さらに自分が国連で体験したことを業界を超えて業界を超えて応用したり、発展させることができるのが楽しみです。

 

自分であることを突き進んでいきたいと思います!

 

トルコ料理.jpg

 

ps. 美味しいトルコ料理を日本でなかなかみつけられなかったのですが、ロンドンで恵まれました😊 感謝!